スターサーバからAWS-LightSail(bitnami)へWordPressを引越した際の備忘録パート1

2009年にVMwareの仮想環境構築の備忘録を残そうとして始めたブログ(Google-Blogger)は2015年にNetwol「WPblog」WordPress環境へブログを引越。それから5年 あの頃はちょうどブログによる収入が増え始め毎月数万円の副業収入があったのが懐かしい。当時は子供も2人だったが現在は3人に増えブログの投稿も激減しています、本当にたまに気が向くと投稿しています。

無料は正義 しかし困りごとも

Netwol「WPblog」は無料でWordPress環境を提供してくれるので、当時はありがたいサービスで唯一の残念ポイントはパソコン画面には広告は表示されませんでしたがスマホ画面には広告が表示される仕様ぐらいで保存容量も1GBあるので3〜400程度の投稿記事でしたので十分な容量でしたが、メディアが増えたりプラグインが多くなったりで容量を確認してすると約600MBを消費しています。それから小さい悩みではありますが無料版は定期的にサービス継続の意思確認があり継続処理を行う必要があるのです。

心機一転 AWSのLightSailSailに引越

個人的なブログは、これまでに4個ほど立ち上げましたが継続しているのは2個でサブドメインで公開しています。サブドメインとは XXX.life-type.com YYY.life-type.comのように形です。そしてビジネスとして1個 と言っても知人が起業したので応援のつもりで始めて既にLightSailSail環境で稼動しています。月額費用も自分持ちだったりしますが勉強ためと思っているし色々試せるのでむしろ安いです。為替の関係があるので増減はありますが日本円で500円/月。法人ページでSEO対策も最低限対策してしているので検索サイトで「地域」+「業種」で検索すると結構上位にヒットしています。しかも反響は結構あったりするので本業の仕事以上に熱が入ります。

移行作業

当初の計画では、Netwol「旧WPblog」→スターサーバからWordPressプラグイン「All-in-one wp migration」を利用して一気に移行してやれと思っていたのですが問題が色々発生しました。

  1. 容量問題
    「All-in-one wp migration」でエクスポート失敗 原因は空き容量が400MB対して移行対象となるデータ量が約600MBであることです。まぁ これは分かってはいたのですが、そこで対象ファイルからメディアファイルを除いてエクスポートすることにしました。結果としてエクスポートファイルは100MB程度に抑えることができました。

  2. ダウンロードできない問題
    プラグイン「All-in-one wp migration」でエクスポート成功後にファイルをダウンロードしようとしたら失敗ですよ。これはあるあるみたいなのでプラグイン「FileManager」で直接ファイルをダウンロードすることで解決。

  3. FTPできない問題
    プラグイン「All-in-one wp migration」のエクスポート時に含めていなかったメディアファイルをFTPでダウンロードしようと思ったらFTP接続が失敗・・ 無料版なので「諦めろ」と掲示板にありましたがナレッジ見ても解決せず、悩みながら色々試行錯誤して何とかメディアファイルをダウンロードできました。簡単ですプラグイン「FileManager」でUploadフォルダを丸ごとダウンロードしました。

    これで旧WPBlog(スターサーバ)から全ファイルをエクスポート(ダウンロード)できましたが、ここからが本番です。

感謝!
スターサーバー(旧WPblog無料)は、無料で使えるし毎年のようにサーバ環境をアップグレードしていて以前と比べるとページ表示が早くなっていると思います。本当に何かアフェリエイト的な感じと受け取られる方も多いかもしれませんが、本当に良くなっています。今までの5年間ありがとうございました。とはいえ ドメインの管理はネットウオルさんに引き続きお任せします。でもドメイン取得して管理をお願いするだけで無料サーバーがついてくるのはありがたいサービスですよ。これからブログを始めたい方も独自ドメインを取得されたい方もぜひ

次回はAWSのLightSailへWordPress引越備忘録パート2へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする