スバル「フォレスター STI tSコンプリートカー」11月25日発表!!仕様は?パワーは?4代目SJ系最後の特別仕様となるのか

STI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL)のページから転用です
image スバルのフォレスターの車種紹介ホームページを確認すると密かに生産が終了していることがアナウンスされています。これにはビックリです。
image 元スバル乗りの私にとって「フォレスター」はお世話になったバイト先の社員さんが乗っているクルマで、学生だった自分を休みの日にスノーボードに連れて行ってくれました。たぶんその時にスバルというクルマの走破性が記憶に残ってレガシィーTWを購入するきっかけになったのかも・・・

「フォレスター STI tSコンプリートカー」についてはSTIホームページに開発者のインタビューが掲載されています。STI – FORESTER tS CONCEPT開発キーパーソンズ (第一話 STIコンプリートカー開発に携わるエンジニアの証言 その1)

そちらの内容を要約すると
タイヤとホイール、空力パーツ、車体姿勢を下げるサスペンションとダンパー、大容量ブレーキ、フレキシブル補剛パーツなど多くの独自部品を装着しており、それらを長い時間をかけて組み合わせで作り込み、ベストな性能に仕上げて行きます。

とのこと もう「全方位SUV」ではないですね「全領域SUV」「全フィールドSUV」とかキャッチコピーを考えてみましたがダサいかも・・・・

予想される仕様としては
タワーバー、ブレーキの大容量化、ブレンボーブレーキ、専用チューンのダンパー、レカロバケット、アルミホイール、フロント・サイド・リア専用スポイラー、フルスケール(250km)メーター、各所へのSTIロゴをインストールしたインテリア

こんな感じでしょうか

ただスバルは走りが魅力です。パーツの充実も期待ですがそれ以上に走り出しやカーブ、加速性能が標準モデルとどれだけ違うのか 待ち遠しい 試乗できるものなら試乗したい

発表は、11月25日です

続報があれば随時更新していきます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする