神戸の布引ハーブ園 市街地シティループでメリケン遊覧船、アンパンマンに新開地を1日で巡る旅

昨日は神戸の老舗ジャズバーから大阪まで結局は終電で帰りまして、寝たのか?寝ないのか?わからない状態で朝を迎えてました。ホテルの朝食を食べてから出発の準備です。

知人家族と神戸周遊

さぁ今日は昨日に引き続き神戸へ向かいます。新快速で20分ぐらいで大阪から神戸へ早いなぁ 待ち合わせしたのは以前の勤務先が一緒だった方のご夫婦と子供2人 と合流して三ノ宮から新神戸方面へ途中 昼食用に神戸の老舗パン屋さん「イスズベーカリー」さんへ

そしてロープウェイに乗り神戸の景色を山側から眺めながら

神戸の東側の大阪方面もパチリと一枚。

景色に感動していると布引ハーブ園へ到着しました。

洋館の庭には様々な植物が植えられていました。ここで途中で買った「イスズベーカリー」のパンを展望デッキの休憩スペースでいただきますテーブルと椅子 ソファなどが置かれていて平日なので空いてました。

昼食後はロープウェイの中間駅まで結構急な下り坂を下りながら植物や木々を見たり金魚見たり

風が抜ける場所にハンモックが置かれていて抜群の眺め

横になりますよね 絶対 神戸っていいなぁ!

神戸布引ハーブ園/ロープウェイ
Kobe Nunobiki Herb Gardens & Ropeway

ロープウェイを降りて新神戸駅からシティループ(バス)に乗ります。レトロ風なバスです。観光客向けのバスでガイドさんが丁寧に神戸市の歴史を説明してくれます。

シティー・ループ |走る異人館 CITY LOOPの車窓から
神戸の大切な思い出をCITY LOOPの車窓から

メリケンパークからは遊覧船に乗って神戸湾を一周しました。海からの神戸 先ほどまで居た「布引ハーブ園」が見えたりと神戸という街は近い距離に観光地が点在しているなぁ

海側からポートタワーでパチリ

時刻表・料金 | 神戸ベイクルーズ

遊覧船を降りてハーバーランドへ

【神戸ハーバーランド】

ここは「モザイク」というポートピアみたいな場所でお店が並びデッキからは停泊している船や遊覧船を見ながらお茶ができますが、我々は子連れなのでお隣の「umie」というショッピングモールにある「にしむら珈琲店」へ神戸っ子ご用達の老舗喫茶店ですね。

ハーバーランドから神戸駅方面へ歩き市バス乗って知人宅に、ここで奥さんと子供達と別れです。知人も子供達をお風呂に入れたりと休憩を挟みます。その後、新開地で知人と合流し後から知人の会社のリフォームや修繕をしてくれた工務店の方とご一緒に駅からほどなくして鉄板焼きの「貴八」さんへ 以前は別の場所で営業されていたそうですが現在は店舗も大きくなり平日でしたが家族からサラリーマンまで賑わっていました。肝心の味ですが粉物なので正直判断できませんが、私は美味しいと思いました。

関連ランキング:お好み焼き | 新開地駅湊川公園駅湊川駅

酔い覚ましと2軒目への道中で工務店の方が生まれ育った街を案内してくれました。場所は新開地で、その昔は三ノ宮駅前よりも栄えていた場所で、こんな感じの映画館「パルシネマ」もあります。ちなみに工務店さんの知り合いの映画館ですって 上映作品はレンタル屋さんみたいで申し訳ないのですが準新作ですが厳選の作品で私も映画が好きなので見たい作品ばかりでした。

パルシネマしんこうえん
兵庫県神戸市の映画館「パルシネマしんこうえん」のオフィシャルサイトです。湊川公園駅から徒歩2分の場所にあり、名画座映画館としてロードショーの終了した映画や過去の名作を厳選し、二本立てで上映しております。

その近くには「ミナエン商店街」という いかにもディープなお店が並ぶ場所

ここ新開地はその昔(今も)は歓楽街で遊郭が多くあり現在もキャバクラやクラブなど神戸の男たちの社交場のようです。そんな歓楽街にある「貝つぼ焼き 大谷」というお店へ サザエのつぼ焼きを提供してくれるお店で写真を撮るのを忘れたのは痛恨の極みではございますが、味はサザエのダシが染み込んだ煮汁が美味すぎです。酔った胃袋には薬のようでした。

代わりに雑炊の写真を種類豊富な雑炊はシャケや梅干しなんかもあるので好みで頂きましょう。この雑炊 隠し味に柚子が散らしてあります。深い味わいです。呑んだ後に食すと胃袋に優しい これで明日まで酒が残らずにいけます。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 湊川公園駅湊川駅新開地駅

2日連続で知人と知人の友人や知り合いと飲める幸せ 相変わらずですね。

そして神戸の昔話や知人と工務店さんに共通の知り合いがいたりと、どんどん地元のお話に やっぱり地元っていいですよね。本当に

私は勝手に神戸を第二の故郷にしようと思います。

本当に知人Kさん そして職場の皆様 工務店のMさん Kさんの同級生のいさん 串かつHORIKeのご家族と多くの出会いをありがとうございます。

また帰ってきますよ。