デザインと性能で選ぶなら「無印良品の新しい空気清浄機」あのバミューダと共同開発!!AppleのMacProに似すぎぃ!!

我が家は空気清浄機が2台 シャープ製とダイキン製が稼働しております。シャープ製空気清浄機は加湿器も兼ねている、ダイキン製も含めので1年中稼働中!!

デザインと性能って相反する部分が多いというのが通説ですが、最近はデザインも性能も妥協しない製品が増えてきました。以前にもご紹介したバミューダの加湿器なんか正にそれですね。
バルミューダの加湿器って 先進的で性能・デザイン共に世界最強じゃないのか と思う理由 | 単刀直入に申しますと

th_muji_balmuda_main_01
そして、バミューダが無印良品と共同開発したのが円柱状のデザインが印象的な空気清浄機 型番:MJ‐AP1です。気になる価格は39,000円(税込)です。性能はどうでしょうか?

商品説明には

「「デュアルカウンターファン」と「360°集塵脱臭フィルター」で、部屋中の空気を動かし、浮遊物質をしっかり取り除く空気清浄機です。自動で空気清浄を行う「AUTOモード」と、すばやく空気清浄を行う「ジェットクリーニングモード」を搭載しています。適用床面積(目安):~30畳※1 清浄時間:8畳を10分※1」とあります。

特徴は二つ

・大量の空気を動かす「デュアルカウンターファン」
上下それぞれの役割に特化したファンを逆回転させることで、コンパクトながら、きれいな空気を大量に送り出します。下側のファンは浮遊物質を集め、フィルターに吸着させ、上側のファンは浄化されたきれいな空気を遠くへ送ることに特化した設計で、循環気流を生み出し、高い空気清浄能力を発揮します

・浮遊物質をすばやく集塵する「360°集塵脱臭フィルター」全周囲から浮遊物質を高効率に取り込める「360°集塵脱臭フィルター」を採用。0.1μmという、ウイルスなどの微細な粒子も除去できる集塵性能で、花粉、PM2.5(※2)も除去します。料理などの生活臭やペットやたばこのにおいもしっかり除去する脱臭性能です。

で、この無印良品 空気清浄機ですが 何かに似ているような・・・ゴミ箱 AppleのMacProに似てますね。丸い円柱状の形態で上部から空気が排出される仕組みなんかは同じような気がしますね。


部屋のインテリアとしてもいいかも。もちろん空気清浄機で部屋の中はクリーンになりますしね。

ちなみに空気清浄機 型番:MJ‐AP1 | 無印良品ネットストアでは先行予約販売分は販売が終了しています。店頭での販売開始は10月29日(水)です。またネットストアも10月30日(木)から再販されるようですので気になった方は店頭やネットストアをチャックしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする