キャリアSIM(ソフトバンク)とeSIM(IIJ mio)の組み合わせで携帯料金節約!本当にできるのか実際にやってみた。

先日、久しぶりにドコモショップへ行ってきたのですが自分の機種変更とか手続きではなく義母が所有する「らくらくスマホ」の機種変更に同行したのです。義母はパソコンとかスマホとかIT系の分野に関して「よく分からない」と言って不安ばかり言うのです。私は分からないじゃなくて学ぼうとする気がないだけだと思っているけど、そこは義理の息子 お助けしますよ。 料金プランと機種変更(iPhoneSE)を行い結果的には月額費用が1,000円程安くなりました。

在宅勤務で料金プラン節約を

本題ですがコロナ感染対策として在宅勤務も5ヶ月目になりました自宅で仕事しており通勤や外出も減りスマホのデータ通信も自宅WiFiを利用しているので使用量が1GBに満たない月もあり料金プランを見直すきっかけになりました。

現状の契約内容

私はドコモ携帯(FOMA)とソフトバンクでiPhoneを利用しています。ドコモに関してはだいぶ前の料金プランを継続して現状では最安で月額2,000円ぐらいでソフトバンクはLTEに切替わったタイミングで契約したプランでパケットし放題プラン(7GB)です。ソフトバンクはプラン合計で毎月約7,000円 割引-1,000円で6,000円です。これ結構高いですよね。思い切って格安SIMに切り替えれば2,980円でデータ通信使い放題みたいな会社もありますが、キャリアメールがお気に入り(そんなに使わないけど)ということ一度登録しているメールアドレスを変更するのが面倒という理由もありキャリア回線を残しつつ最安にできないかなぁと考えていたのですが以前にeSIMについての記事をネットで読み「もしかしたら、これが最強かも」と思ったのです。eSIMについてはビッグカメラさんのサイトがわかりやすく解説してくれています。

日本初のeSIM「いいSIM」|ビックカメラの格安SIM・BIC SIM(ビックシム)
BIC SIMの「eSIM」は、必要な時に、ほしい分だけ、データ量をチャージできる!1GB/1,000円以上するキャリアのデータ追加料が、BIC SIMのeSIMなら1GB/450円でご利用いただけます。スマホ利用は新たな時代へ。

最適な料金プランを考える

ソフトバンクのプランを下記のように変更しました。基本的に音声通話はしないので通話は基本プランのみでオプションも必要ないので契約していません。そして地味に効くのが「おうち割 光セット」の−1,000円です。試算ですと2,982円/月で利用できます。

  • ホワイトプランR 934円/月
  • パケットし放題フラットfor 4G LTE(7GB) 5,700円/月
  • ウェブ使用料 300円/月
  • おうち割 光セット −1,000円
  • ユニバーサル料 2円
    合計 5,936円/月
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  • データプランミニフィット3,000円/月
  • 基本プラン(音声)980円/月
  • おうち割 光セット-1,000円/月
  • 2,982円/月

次にIIJmioのプランですが「eSIM ベータ版 データ量6GB  定額 1,520円/月」にしました。在宅勤務となり外出も少ないので最安「データプランゼロ」もありなのですが、子供が外出先で動画を見たら1日で1GBなんて直ぐに消費してしまいます。そして通常出勤になり外出も増えれば、これまでと同じようにデータ通信を利用すると考えると「eSIM ベータ版 データ量6GB  定額 1,520円/月」が最適だろうなと考えました。それから余ったデータ量が翌月に繰り越せるのも決め手です。

月額の試算をしてみると

新料金プラン
SoftBank
データプランミニフィット3,000円/月
基本プラン(音声)980円/月
おうち割 光セット-1,000円/月
ユニバーサル料 2円
2,982円/月

IIJmio
eSIM ベータ版1,520円/月(6GB)
合計 4,502円/月

これまでソフトバンクのみで5,936円/月でしたが、IIJmioのeSIMを追加してプランを見直すことで月額で約1,400円 年間だと16,800円 そして3年だと50,400円節約できる計算です。これならiPhoneSEの本体代金ぐらいになりますね。

IIJmioのeSIMを契約

IIJmioのeSIM発行は即時発行で申し込み後10分程度で利用を開始できます。申し込みの際は動作確認済みの端末一覧に記載されているから確認してから。

申し込み完了画面

iPhoneにeSIMを設定する

IIJmioの申し込み手続き完了後にアクティベーション画面へ進むとQRコードが表示されているのでiPhoneの画面でQRコードをスキャンして設定画面の指示に従って進めていくだけです。すると こんな感じで主回線・副回線としてIIJmioのeSIMが表示されます。お分かりだと思いますが電話に関しては主回線・データ通信に関しては副回線を利用するように設定します。

これでスマホ料金プラン見直しからのeSIM設定によるスマホ料金節約を終わります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする