WindowsLive-メールを独自ドメインで利用するための設定手順

日々の生活でメールアドレスを設定もしくは記入する場面が増えた それまでの電話番号と同じような意味合いを持つようになったんだと勝手に思います 独自ドメインを取得しているが、メールの設定はしていない 独自ドメインでメールをやり取りする必要がないので、しかし、その独自ドメインで新しいサイトを開設しようと考えている 費用を抑えるためにAWSのS3でダイレクトホスティングで公開する 静的なページしか公開出来ないので問い合わせはメールのみとなる そこで登場するのが独自ドメインのメールアカウントなのです
※別の方法もあるけどね じゃあ メールサービスを提供している所を選ぶ 候補基準は、独自ドメインを設定できて、無料で使えるところを探してみた いろいろあるけどWindowsLiveメールにしてみた

手順
1.WindowsLiveアカウントを取得(XXXXX@outlook.jp等)
2.独自ドメインを取得→登録(WindowsLiveアドミンセンター
image 独自ドメインの入力するのですが、ホスト部分がwwwなのが気になる・・・
image

空欄になっていますが、ドメイン欄部分に独自ドメイン名が表示されていますimage
独自ドメインのMXレコードの設定サーバ情報がもらえます
SPFなどのTXT情報もきちんと設定しますimage 次にAWSのRoute53で独自ドメインのMXを上記内容で登録するimage
image

設定すると こんな感じ わかりませんよね これじゃimage

設定後、しばらくするとWindowsLiveアドミンセンターのサービス状態が有効に変わりましたimage WindowsLiveアドミンセンターのアカウント管理でアカウントを追加してあげればメールアカウントとして使えるようになります WindowsLive(Web)でもメールクライアントでも送受信が行えますが、Gmailでアカウントを統合してもいいかもしれません

私はGmailのアカウントで既に多くのアカウントを登録しているのと、今回のドメインに関してはパブリックな使い方をするので、WindowsLiveでアカウントを統合しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする