再確認!! Windows8.1発売前、Windows7を買わなければいけない理由

日本マイクロソフトがパッケージ版『Windows 8.1』の価格と構成を発表しました。 通常版『Windows 8.1』最上位エディションの『Windows 8.1 Pro』
8.1からMedia Centerへとアップグレードできる『Windows 8.1 Pro Pack』の3エディション Windows 8.1エディション
Windows 8.1(実売予想価格1万4490円)
一般のユーザーやご家庭向けのエディションです

Windows 8.1 Pro(実売予想価格2万7090円)
仕事にも遊びにもあらゆるニーズに応える全ての機能を搭載した最上位エディションです

Windows 8.1 Pro Pack(実売予想価格1万3440円)
Win8.1 から Win8.1 Pro with Media Center へアップグレードいただけるエディションです
ここで考えなくてはいけないのは、スタートメニューです
私は、これまでWindows3.1~98(SE)~XP~7~8とWindowsを私生活と仕事で使用してきました。そんな私から言わせていただくとスタートメニューほど使う機能はない!! スタートメニューという名前だけあって 始める際はスタートメニューからが基本です Windows8も使っていますが未だに左下を癖でクリックする自分がいる

そんなスタートメニューマストな方々へ残念なニュースが2013年10月末でWindows7のパッケージ出荷が終了するのです そうです。ヨドバシ・ビックなどの量販店でも在庫がなくなれば、購入することもできないので、Windows8はすばらしいOSだと思いますがオフィス・ホーム含めWindows7とWindowsXPのシェアは約80%(僅差でWindows7が上回ってます44% WinXP37%)を考えるとまだ早いのでは?Microsoftさんと言いたいが待ったなしの決定事項のようです。今出来ることは、PC自作などでOSを購入される方や WindowsXPからWindows7へアップグレードを考えている方 Windows8へのアップグレードに踏み切れない方などは買っておいて損はないと思います

Windows7を購入する際にはDSP(PC部品抱きあわせ)がお得です PC部品はバルク品なので使えませんが価格がWindows7を安く購入することができます。通常版が30,000円前後なのにDSP版は10,000円ぐらいで購入できます 【LANボード】【メモリ】などと記載があり価格が安いものはDSP版と考えていいでしょう 通常版との違いはありませんので安心してください

もちろん、スタートメニューなしでいいよ Windows8で十分だという方もいらっしゃると思いますので、そんな方はWindows8を購入しておけばWindows8.1へ無償でアップグレードできます
こちらがWindows8.1Preのデスクトップ画面スタートボタン(Winロゴ)はありますが、左クリックでモダンUIの画面へ右クリックで管理メニューが開くがアプリを起動するメニューではないのが残念ではあります 個人的には・・・・・
win8.1desktop

ちなみにWindows8.1の提供は10月17日(木)午後8時からWindows Store経由で無料でアップグレードできます。

ご検討ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする