トヨタ「TOKYO AUTO SALON 2016」でヴォクシー(ノア)のG’sモデルを出展!!いよいよ販売開始か?どんな仕様なのか予測してみましょう。

東京モーターショーよりも盛り上がるのがオートサロンだったりします。メーカーもカスタマイズメーカーも参加してカスタマイズの商品や技術をアピールしてくれます。ユーザーにとっては人より違うものを望む傾向があるようです。単一的なクルマよりもオンリーワンが大事ですよね今後は で

トヨタ自動車の目玉は2車種(3モデル)を簡単にご紹介
・「TOYOTA S-FR」レーシング仕様車を出展
・ヴォクシー、ノアの“G’s”コンセプトカーもあわせて出展

TOYOTA S-FR Racing Concept
東京モーターショーに出展された「TOYOTA S-FR」の Racing Conceptである。
トヨタのプレスだと(大きく張り出したオーバーフェンダーや大胆なエアアウトレット(空気排出口)を備えたエンジンフードに加え、フロントアンダースポイラー、カナード、リヤスポイラーなどCFRP*3の大型エアロパーツを採用。サーキットで高いパフォーマンスを発揮するためのデザインを追求した。TOYOTA S-FRの愛着の湧くシンプルなスタイルをベースにしながらも、よりスポーティなスタイルを実現することで、TOYOTA S-FRの新たな世界観を提案する。)トヨタページから転用

VOXY G’s Concept、NOAH G’s Concept
こちらが日常的な足と考えると一番需要があるかもしれないカスタマイズモデルですね
トヨタのプレスだと(“新スポーティミニバンの提案”をキーワードとして、ヴォクシー、ノアに“G’s”が持つ「走りの味」「クルマの楽しさ」を付与。ミニバンを意識させない、「走りの楽しさ」「操る喜び」を追求した走りと上質な乗り心地を両立。さらに、スポーティかつ個性的な外観や、走る気持ちを高揚させる室内空間を演出している。)トヨタページから転用

どちらも詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする