やっぱり「レヴォーグSTI」は夏頃登場!!仕様や価格そして1.6Lor2.0Lどっちを選べばいいの?

スバルから今夏にスバル「レヴォーグSTI」というクルマが販売される予定ですね。このページを見ているあなたは待ち遠しい感は否めません。私もワクワクしています。では 「レヴォーグSTI」の中身を見てみましょう。
.embed-container { position: relative; padding-bottom: 56.25%; height: 0; overflow: hidden; max-width: 100%; } .embed-container iframe, .embed-container object, .embed-container embed { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }

■レヴォーグについて
スバルが2014年6月から販売しているスポーツワゴンで、レガシィーツーリングワゴンの後継車種という位置づけですが、車体の現行のインプレッサ、WRXをベースになっております。

■STIモデル
STI=スバルテクニカインターナショナル株式会社(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL INC.、)は、富士重工業の連結子会社で、モータースポーツへの参画やパーツ開発・販売などを行う会社です

レヴォーグのスポーツタイプとして、「スバル レヴォーグSTIコンセプト」が東京オートサロン2016に登場し発表がいつになるのか?と待ち望まれたクルマです

■性能や外観
現行のレヴォーグの1.6L直噴ターボと2.0L直噴ターボの2種類をベースとしてSTIがチューニング。

・トランスミッション
 MT仕様がほしいけど、市販モデルはCVTオンリーになる予定らしい。MT仕様のみとなる可能性が高いようですが、期待を込めて次期STIではMT仕様が登場するのでは???

・足回りは
 専用のチューニングでスポーティな走りを演出してえくれるでしょうね。

・外装は
 フロントグリル、フロントバンパーがSTI専用パーツで武装されるでしょうね。。
 間違えなく「WRブルー・パール」が選択色として選べるようになるでしょうね。

・デフが搭載される
 「マルチモードDCCDシステム」路面状況に合わせて任意でセンターデフの制御特性を選択ができる。

・内外装でレッドのアクセントカラーを多用して差別化を図るでしょう。

■STIも衝突安全「アイサイト」搭載
スバルの伝家の宝刀「アイサイト」Ver3が搭載されるWRXになくてレヴォーグにある物と言える。

■簡易諸元と価格
レヴォーグSTI 1.6
エンジン種類:水平対向4気筒DOHC直噴ターボ“DIT”
総排気量:1599cc
最高出力:170ps/4,800rpm
最大トルク:25.5kgm/1,800-4,800rpm
【価格】322万円前後

レヴォーグSTI 2.0
エンジン種類:水平対向4気筒 2.0L DOHC 16バルブ デュアルAVCS ツインスクロールターボ
総排気量:1998
最高出力:308ps/6,400rpm
最大トルク:43.0kgm/4,400rpm
【価格】365万円前後

■排気系
なぜ最後に排気なのか?いろいろな情報を総合すると排気系のファインチューニング程度でエンジンには手が入らないらしい?本当にコンピュータ位はいじるのでは?と真相はわかりません。

■発売予定
ティザーサイトでは今夏となっていますので、2016年7~8月頃を予定。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする