子供が夢中になる「スマイルゼミ」入会!子供達がどう変わるのか?体験レポート1

長女は小学校二年生 年子の妹が新一年生に我が家ではママが勉強を一生懸命教えてくれていますが、なかなか親も子も勉強を教えるのも教わるのも難しい。

子供が発見やヒラメキを体験して学習することの楽しさを覚えて欲しい。私は勉強の楽しさを知らずに大きくなり、新技術やコンピュータに興味があり現在に至っている。そのためか知識がそちら方向に偏りすぎている。

子供には多くの選択肢を与えたい

ただ経済的に塾へ通わせてあげる余裕はない そこでタブレットで学習するスマイルゼミを知り、申し込みをすることにした。

申し込みまでに道のり

嫁さんと相談

嫁さんはどう考えているだろうか?聞いてみるとタブレット学習自体を知らない。私は簡単にプレゼンしてみた。スマイルゼミの優れている点他者との違い 総合的に判断してスマイルゼミが良いと思った。

タブレット各地で体験会がある

我が家は体験会が開催されているショッピングモールへ 小さい子供達と一緒に そこにはタブレット端末に映し出された問題を解く子供達と親が大勢いた。親は子供たちの反応に興味津々な感じです。かくいう自分も普段はスマホやタブレットで動画ばかり見ている子供たちがどんな反応をするのか興味がありました。

体験会を終えて子供たちの第一声「面白かった!」と学習が面白いなんて初めての言葉である ちょっと意外すぎて戸惑う。

子供の学習

親は子供の将来を心配して勉強を強いる私も同じように勉強は大切だからやりなさいと言うけど、実は心の中では勉強も大事だけど、もっと体を動かしてお友達とケンカするぐらい遊んで欲しいと思っています。そんな経験は子供の時にしかできないから、その体験や経験は学習では得ることのできない事だと思っている。高校受験 大学受験と多くの時間を費やすことを悪いとは思っていませんが、私はそれと同じように大切にしなければいけないのは子供らしさだと思う。ある国では宿題がない 正しくは宿題を全面的にやめたのですね 普通に考えれば学力が下がると思いますが、逆で子供たちの学力は向上したのです。不思議ですよね。考察によれば放課後に勉強で縛るよりも子供らしく遊ぶことで脳を活性化し結果として学習の効率や覚えが良くなるという

申し込み

何もせずに判断する事はいけない事だと思う。嫁さんと相談して 「まずは1年間やってみよう」という結論に至りました。

タブレット受け取り

申し込み翌日の夜にタブレット発送のメールが届きました配送は佐川急便さんです。その翌日の昼前にピンポン♪ タブレット到着です。

我が家は長女は小学校二年生 年子の妹が新一年生なので同時申し込みしました。

梱包は専用のダンボールで中にはタブレットと簡単なガイドが入っています

開封して専用のカバーを取り付けると こんな感じです ちなみに次女はピンク色のカバーです 長女はブルーのカバー

セットアップ

とりあえず無線LANに接続して会員IDとパスワードを入力するとタブレットを使用する子供の選択画面、それぞれを選択するとタブレットが自動的に初期設定やらデータのダウンロードを開始しました。

すぐにスタートできる

親が使い方ガイドを読んでる途中でタブレットの準備が整い学習を始められます

タブレットはiPadで免疫があるので戸惑うこともなく学習を始める我が子たちです。

とにかく始めることが大事

そんな思い出始めましたが、いつまで続くか

またレポートします