川口市イイナパーク整備中!地域の魅力を再発見しながら子供から大人まで楽しめる施設

最近、念願の戸建てに引越しすることができた管理人です。引越は困難の連続でした私以上に嫁さんが懲りたでしょうね。嫁さんにとっては人生初の引越となり色々と考えさせられたのではないでしょうか? やはり何でもほどほどが良いという事です。

そんな近況ではありますが、新しい子供から大人まで楽しめる施設ができたというので、買い物の途中によってみました。川口市「イイナパーク」イイナパーク川口(赤山歴史自然公園)が一部オープンします

イイナパーク川口(赤山歴史自然公園)が一部オープンします|川口市ホームページ

子供むけの遊具・歴史自然資料館・地域物産館が計画されています。しかしオープン直後は子供むけの遊具と歴史自然資料館のみが入れる状態でした。下が子供むけ大型遊具ですが??? これ どこかで見たことがある。

そうです。私の田舎にも同じ遊具がある公園ありました。

福島の子供たちは幸せなのか?他県ではありえない遊具や公園が整備されている 現実について
ゴールデンウィーク休暇を利用して帰省しております。「えきねっと新幹線予約」座席位置変更しないで子供→大人区分(逆も)変更する方法!!実は単純...

娘達が「福島と一緒じゃん」と言うのも当たり前ですね。同じです ただ川口市「イイナパーク」にはドーム型の屋根がありません。福島も夏は盆地のため暑くなりますが川口市も同じように暑くなります。熱中症対策としてドーム型の屋根を追加してほしい。雨の日も利用できるし大型遊具も日焼けや雨をしのげるので長持ちすると思います。

これ以外に歴史自然資料館は江戸時代に川口市赤山にあった「赤山城」と「伊奈家」について解説を聞くことができ江戸時代のジオラマ模型が見れる。我が家の娘達はこの赤山から近い保育園に通っているので、普段から散歩している名称がジオラマ模型にあり興奮していました。

公園内は広く芝生もあり休日はお弁当持参で楽しめそうですね。写真の左で見切れているのが歴史自然資料館です。そして奥にある池のうねうねした建物が火葬場です。そうなんです。公園に隣接して川口市の火葬場があるので驚く事に人口60万人超の市に火葬場がなく、これまで隣市の火葬場を借りていたそうです。

火葬場のイメージ払しょく

火葬場は既に営業を開始しておりました。公園に隣接して火葬場 あまりイメージが良くないと思われるかもしれませんが、私は生あるもの いつかはと考えれば日常としては必然です。火葬場を負と考えずに 卒と考えればいい 子供 大人 老人 故人といろいろな方向けの施設の誕生ですね。

そうそう地域物産館はまだオープンしていません。オープンしたら再度行ってみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする