セレナe-Power詳細と販売スケジュールを予習!!ミニバンNo1の座を奪還できるのか?

トヨタのミニバン3兄弟(ヴォクシー・ノア・エスクワィア)がマイナーチェンジして初期型よりも顔だちが整った感がありますが、私自身が思うにミニバンは家族向けのクルマとして認知されている。というか ライフステージを考えれば選択しとして日本にぴったりなんだと思う。結婚して子供が生まれ家族が移動するための手段としてクルマが必要となり乗り降りにも楽だし、家族が増えても対応できる室内空間が広いミニバンが適している。

ミニバンで長らく首位を走っていた日産セレナもトヨタのミニバン三兄弟に押され気味でしたが、来年(2018年)は確実No1を奪還するだろうと思える新型が発表されます。「セレナ e-Power」です。日産ノートのe-Powerが販売好調ですよね。そのe-Powerを搭載したセレナが販売されるのです。現行のセレナもマイルドハイブリッドというジャンルでガソリンエンジン以外にモーターでサポートしていますがe-Powerは全てがモーターです。

Photo : ノート e-POWER NISMO。ボディカラーはブリリアントホワイトパール(3P)〈#QAB〉(特別塗装色)。LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ、LEDポジションランプ付)はメーカーオプション。 インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)+スマート・ルームミラー(インテリジェントアラウンドビューモニター表示機能付)+踏み間違い衝突防止アシスト+フロント&バックソナー+ヒーター付ドアミラーはセットでメーカーオプション。※「ノート e-POWER NISMO」は持込み登録でオーテック扱いとなります。
直列3気筒1.2Lエンジンは発電機で電気を作り、作られた電力でモーターが回す仕組みです。これにより3L並みの加速力があるというのです。毎年恒例の沖縄旅行でレンタルする予定だったのですが、体感できていないので想像ですが恐らくハイブリッドのEV走行の加速感がずーーーーっと続くんだろうなぁと思います。

セレナe-Powerの詳細や販売スケジュールをおさらいしておきましょう。

まず今年の東京モーターショーで日産ブースに登場することは間違えないでしょう。そして市販車の目玉になるのは必至で来年早々に販売が開始されると噂されています。

パワーユニットは1.2Lエンジンにリーフ用のモーターを組み合わせたシステムとなる予想ですノートよりも強化されるモーターがどの程度の加速を体感できるのか今から楽しみです。

そして気になる燃費ですが30km/Lを達成するのではないかと言われています。そしてお財布事情にシビアな奥様向けの情報としては300~350万円前後ではないかと「安い」?どうなんでしょうね。

もしかしたらですが、現行のセレナに搭載されている同一車線自動運転技術「プロパイロット」はオプション扱いになるのではと思っています。ここまでの先進性があるクルマですが売れなくては意味がないのでファミリー層が手が届かない価格帯では売れないでしょうか

そんなことを考えながらも期待大です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする