いわき「アクアマリンふくしま」イワシの大群が作り出す銀色のカーテンは一見 の価値あり!!本当に見直されるべき観光県

観光キャンペーン「ふくしまデスティネーションキャンペーン 2015.04.01(水)~6.30(火)開催」が開催されている福島県 超大型の観光キャンペーンです。公式サイトでは花・食・湯・歴史・景勝などカテゴリ分けされた観光ガイドが紹介されています。

帰省した翌日にいわき市「「環境水族館」アクアマリンふくしま」へ行ってきました。
これは福島県の観光地としてはポピュラーな紹介ですが当日の環境放射線の値は「0.04μSV/h」でした。この値は東京都内の値と同等と考えていただいて結構です。簡単に言うと何の影響もない値です。

「環境水族館」アクアマリンふくしまは震災の津波により施設に大きな損傷があり営業を取りやめていました(4m超の津波)震災当時は自家発電の燃料切れにより水の管理ができなくなり20万匹の海洋生物が全滅したと報じられている。震災の四か月後には営業を再開!! 

ちょっと暗い話から入ってしまいましたが、普段 あまり驚かない自分がイワシの大群を見たときにビックリして声を出してしまいました。これを見てください。

何匹いるのか わかりませんが 大群です

そのほかにも「シーラカンス」「トド」「アザラシ」もいました。素晴らしいのは海洋生物以外にも川・池などの淡水魚も見ることができることと環境を再現した展示がいい。子供達も大喜び!! 

当日はゴールデンウィーク中でもあり大変混雑していましたが、いわき方面に行かれた際は間違えなく行くべき観光地です。周辺は津波の影響が今でも残ってはいますがお店が増えて活気も戻りつつあるように感じました。頑張れ いわき そして福島!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする