「ドコモ光パック」登場!!新料金プラン加入が契約条件!!すべての方がお得さんになるわけではない。その内容は?ドコモの逆襲となるのか?

ドコモが営業収益最下位となったニュースは驚きました。あのドコモがという感じです。 ある会社社長の話ですが、その昔ドコモが広告宣伝費として50億円という予算を組んでいたそうです。それだけ予算があれば「ドコモ」というキーワードを聞かない日はないのではと思います。 image
もっと驚く事に50億円はテレビCMから街頭のビラ配り含めた月の予算です。月です。年間では600億円規模の広告宣伝費となります。使い過ぎ? そんなドコモが、「ドコモ光パック」としてインターネット回線と携帯回線のセット販売(割引)を来年から開始する発表がありました。その詳細を確認してみます。 関連記事
ドコモの新料金プランを契約した場合の我が家の月額を試算してみたけど、スマホ貧乏になりそうです | 単刀直入に申しますと

■「ドコモ光パック」の内容(日経トレンディより転記)

NTTドコモの携帯電話と固定回線のセット契約による割引、いわゆる“セット割”についてだが、こちらも「ドコモ光パック」という形で提供される模様だ。具体的には、新料金プランのパケット定額サービス「パケットパック」と、ドコモ光を組み合わせて契約することにより、パケットパックの容量に応じて料金を割り引く仕組みになるとのこと。容量の多いパケットパックを契約しているほど割引額が高くなるわけだ。

→新料金パックが加入条件なのか・・・ じゃ我が家は加入しないかなぁ

■「ドコモ光パック」の割引額は?

恐らく、au・SoftBankのセット割がターゲットになるんで、同一水準の割引額となるでしょう。その割引額からすると1,000~1,500円程度になるのではないでしょうか?
この割引額の適用は新料金プランのシャアパック10・15・20・30が対象のようです(現状)

そして適用は家族(シェアパック)単位行われるようなですね。
・シェアパック10(小容量)(10GB)9,500円
・シェアパック15(標準)(15GB)12,500円
・シェアパック20(大容量)(20GB)16,000円
・シェアパック30(大容量)(30GB)22,500円 から割引が適用されてどの程度お得になるのか?

■ドコモ本来のユーザへの訴求は?

私が気になっているのは、データ通信を主としない 昔ながらの音声通話ユーザ(ドコモの本来のユーザ)への割引適用です。私も音声通話ユーザです。パケット通信は別キャリアを使用しておりますし今後はSIMフリー機へ格安SIMを差して使おうと考えています。そんなユーザへの割引はないのか?

いつもドコモさんに思うのは、これまで長年契約を継続しているユーザへの還元である。利益を削って還元しろとは言いませんが、せめて音声通話ユーザにも割引の適用があっていいと思います。

関連記事
ドコモさんのサービス改悪が止まらない 既存ユーザーへの優待が減っていく | 単刀直入に申しますと ドコモユーザー必読!!改悪のドコモプレミアクラブがひっそりと改定内容を変更、2013年6月と10月発表の違いとポイント獲得をシュミレーション まとめ | 単刀直入に申しますと いずれにせよ。 来年早々に料金については発表があるでしょうから、それを待ちたいと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする