「ママスクエア」仕事と保育を両立した新しい職場の形。子育て環境の改善にな る?

子育てしている家庭の悩みって様々ですけど、待機児童が増えていると社会問題として自治体や国が対策を進めていますが、決定的な対策ができていないのが現実です。そんな中、民間企業が「ママスクエア」という新しい職場環境を提供する事業を始めました。
「ママスクエア」って?
・職場と託児スペースが同じ場所にあるから預け先を探さなくてもいい
・職場のすぐ横の託児スペースでお子さんが遊んでいる様子がいつでも見れて、安心&うれしい
・子供と一緒に出勤・帰宅できるから、送り迎えの必要なし
・仕事仲間は、みんな子育ての大変さを知っているママたちだから、困ったときはみんなで助け合い!
・シフトは希望制。お子さんの行事を最優先してください
・お仕事前にはしっかり研修があるので、ブランクがあっても安心
・託児スペースは、夕方は学童のような利用もOK!兄弟も遊びにきてね
・仕事をするペースは自分で選べるから、子育てと仕事の両立ができる。
どんなところで働くのか?
施設には「カフェスペース」「キッズスペース(託児)」「ワーキングスペース」が設けられています
こんな感じみたいです
image
image
今後の事業展開(転記)
次世代の新しいビジネスモデルとして、お母さんたちの新しいワーキングスタイルを提案する「mama square」では、子どものそばで働けるだけでなく、教育系の企業とタイアップし、お母さんたちが働いている間に、お子さん達が学べるプログラムも各種用意していきたいと考えています。またお母さん自身についても働くだけでなく、お子さんを預けながらパソコンやビジネススキルを身に着けられる学びの場にもしていきたいと考えています。
お母さん達が持つ可能性を最大限に活かせるよう、お子さんが大きくなった後もお仕事を紹介したり、スキルアップしながら新しい仕事を生みだしていく等、受け身だけでなくクリエイティブな仕事の発信場所としての展望も考えています。
2015年4月27日、ショッピングモール系展開の第一弾、ララガーデン川口を皮切に、
第二弾のオープンを2015年7月頃に予定。以降年内に5店舗のオープンを予定しています。
生活導線上から逸脱したくないという主婦の働き方にも合致する幅広い場所への出店により、これまで働くことのできなかった潜在能力の高い主婦の方々が集まりやすい環境が整います。主婦ならではの提案力、企画力で、女性の新しい働き方のムーブメントを掘り起こす。そのイノベーターとして、サポートできればと考えています。(ママスクエア ホームページから転用)

この「ママスクエア」という事業(取り組み)を応援しますが、気になる点があります。それはママが中心になっている点です。まぁ保育とか育児で言うとママがメインになる事が多いので仕方ないのですが、世の中には事情があってパパだけという家庭もありますので、パパ向けにも展開して欲しいなぁ〜 テレビでパパ一人で子育てをするドキュメントが放送されて食い入る様に見ていた。本当に明日 妻(ママ)が病気で倒れてしまったり、重い病気や事故で死んでしまったら・・・
日頃は口やかましいと言っていても、やはりママが居ないと生活は一変する
ぜひ、「パパスクエア」も展開して欲しいなぁ 需要はあるはずです ママだけでなくパパも 応援しています
万が一に備えて保険は加入してますか?
我が家は夫婦それぞれが収入保障保険へ加入しています。万が一自分やママが死んだ場合に、子供が成人するまでの期間 掛け金に応じたお金が毎月支払われます。皆さん 特にパパさんへママの収入が無くなったら自分の収入だけで子供に十分な生活を送れるだけの稼ぎがありますか?今はいいけど 自分が転職や解雇や病気療養などで収入が激減したら?
私は、子供のために保険に加入しました。国や自治体が母子・父子に対する対策が不十分と感じるなら自分達で対応しなければいけない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする