トヨタ スープラが復活する?本当に?

トヨタ スープラの印象は人それぞれですが私は2代目(JZA80)がもっとも親しみがあります。グラマラスなボディと直列6気筒2JZーGETエンジンを搭載していました。私も以前は直列6気筒エンジンに乗っていたのですが、2.5の1JZです 500ccの差は大きくスープラにはかないませんでした。

そんなスープラは2002年に国内での販売は終了され、市場には中古車として流通しています。どれだけ流通しているのか? 残っているのか?と思い人伝に聞いてみました。オートオークション会場には毎週10台程度は出品されているそうですが、年式相応の状態で希少なクルマとなっていることは間違えないみたいです 金額的には100万円程度で販売されているようです
そして本題は、アメリカでトヨタさんがスープラの登録商標を更新したというニュースです。これはスープラが復活するのではないか?と噂が流れたのです。しかし、以前からもスープラ復活の話題度々報じられてきました。なぜ今回大きくニュースとして報道されているのか それは北米自動車ショーにコンセプトモデルとしてFTー1というクルマが出展されたからなのです
こちらがFTー1

レクサスブランドではなく、しっかりとTOYOTAマークがフロントに鎮座されており、もしやこれが次期スープラなのではというニュースがあったからなのです。いよいよスープラ復活か?
TOYOTAさん でもお高いんでしょう?と聞きたいところですが・・
続報があればアップいたします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする