新米ママ・パパ必見。子供用鼻水吸引器は病院に通う回数が激減する素晴らしいアイテム 新鋭工業のパワースマイルを知って欲しい

kid0066-009子を持つ親として また育児を経験したパパとして これから子供が産まれる もしくは産まれた新米パパとママに
ぜひ購入を検討してほしいアイテムがあります。それは吸引機です

なぜ?吸引機?と思われるかもしれませんが風邪の症状(鼻水・熱)で小児科へ通院すると必ず吸引機で鼻水を取ってくれます。大人にとってはティシュで鼻をかめばいいのですが、0歳児~3・4歳児(小学生も)では鼻をかむことはとても難しいのです 小児科医ではありませんが、これまで小児科などで先生から風邪の症状と対処について説明を受ける機会が多々ありました。 熱は、「自分で治す力」解熱剤は極力使わない 治りが遅くなることもある
熱によりウイルスや細菌が増えないようにするため、免疫細胞たちの働きが活発になる効果があります
鼻水は、ウイルスや細菌を追い出すために出ます。鼻づまりは、これ以上病原体が入ってこないにように、ブロックする働き
しかし、すぐに風邪の症状が治らないことがほとんどです。
我が子が可愛い 楽にしてあげたいと思うばかりに解熱剤を使う 眠れないからと鼻ずまりや鼻水を抑える薬を飲ませてしまう
※小児科医の考えや判断により対処の仕方は変わりますので、医師の指示に従うは守りましょう。 家庭内で出来る処置として、鼻水の吸引があります 例えば こんな器具(我が家も購入しました)

使用した感想は、鼻水が吸引できているのか わかり難い そしてママもパパも酸欠状態 美木良助ロングブレスの逆パターン

そして、小児科で吸引をしてくれる看護婦さんに聞いたら、「吸引機は一般的な器具なので通販などで買えますよ」と普通にAmazon・楽天などで扱っていたのです 嫁と相談して 鼻が詰まって寝れない我が子が少しでも楽になるならと安くはない品物ですが購入することにしました。
購入後、説明書を読みながら「圧力を弱め」で試しながら鼻水の吸引をしてみました。鼻水を吸引してくれてはいますが吸引後も鼻の中に鼻水が残っているようで「ズルズル」と音がします。翌日、子供の熱が上がり小児科へ また看護婦さんに相談すると「家庭用の器具であれば、圧力は強で試してください。実際にこちらで使用している吸引機も強ですよ」

説明書には幼児の場合は中もしくは弱での使用と説明があったけど・・・・・

夫婦で相談して「強」で吸引をしてみることに 「ギュゥ ズゥズゥ シュゥー」と大きな音が それと同時に黄色い鼻水が
子供の鼻からどんどん出てきます その量に驚きながらも こんなに大量の鼻水が・・・ これでは寝られないし 症状が悪化したら中耳炎になる恐れも

この経験から、少しでも鼻水が出ているときは朝・昼・入浴後・就寝前に吸引することにしました。これにより病院へ通う回数が激減したのです たしかに安い買い物ではありませんが病院に通う回数が減り会社も有給で休むことも減り 結果的には安い買い物だったと思います 我が家は子供が二人います 下の子も0歳から鼻水吸引しています 小児科には予防接種や定期健診で行くことはあっても風邪などで通院するのは数回だけでした。

ちょっとだけ先輩パパより 新米パパ・ママへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする