今日は旧栃尾市名物の「栃尾揚げ」を高島屋で購入しました

新潟県長岡市(旧栃尾市)の名物 「ジャンボ油揚げ」の事を「栃尾揚げ」その特徴は何と言っても「大きさ」普通サイズの油揚げの3倍の大きさ。栃尾揚げを購入した「佐藤豆腐店」では長さ20cm 幅6cm 厚さ2cmというスケール感 伝わりずらいなぁ
image 実演販売ということで、栃尾揚げに切り込みを入れてネギと味噌ダレを切り込みに入れた味付きの栃尾揚げも購入しました。これは今晩のおかずになるなーと思いながら購入しました。

実演販売していたおばちゃんが「アルミホイールを下にひいてオーブンで焼くとおしくいただけますよ」と言われ、それを実践しました。

食べてみるとボリュームがあり食べ応えもある。そして味噌ダレとネギが旨い。オーブンで温めたことでネギからは辛味が抜けて甘さを感じる。食感もいい 外は歯応え 中はしっとり 子供から年寄りまで幅広い方にオススメですね。おばちゃんが言うには冷蔵庫で1週間程度 冷凍すれば2〜3ヶ月は美味しく食べれます。これはいい買い物だぁ

そんな栃尾揚げや新潟の物産が気軽に買えるのが 表参道・新潟館ネスパス
image
にいがた産業創造機構が運営する表参道・新潟館ネスパスは場所が東京でもファッションやカルチャーへの意識の高い方が集まるエリア。なぜ表参道なのか? 多くのアンテナショップは東京や有楽町付近に多いけど、でもビル全体が新潟色一色です。ホームページには由来がありました。

N’ESPACE(ネスパス)の「N」は新潟/ネットワークを、「ESPACE」はフランス語で空間やスペースを意味します。ネスパスは表参道から“食”を中心とした新潟県産品の販売・イベント、観光情報、Uターン就職情報の提供により“にいがた”の新鮮情報を発信するアンテナショップです。(運営:(公財)にいがた産業創造機構)
正に、国内における新潟の外務省的な位置付けですね。

地方が元気になる活動は田舎者の私にとっては頑張ってほしい活動です。ぜひ、「栃尾揚げ」を買うならネスパス表参道へGO!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする