トヨタ新型ノア/ヴォクシーが1か月でセレナの年間販売台数の6割を受注!!やっ ぱりTOYOTAだね。

image 1月20日に新型ノア/ ヴォクシーが発売されて約1か月早くも予想を上回る販売記録でなんと61,000台の受注となっています。この数字がどれだけスゴイのか ライバル日産セレナ2013年の年間販売台数が約96,000台なので1ヶ月でセレナの年間販売台数の約6割を受注しちゃってます。やっぱり人気ですね。さすがトヨタさんですね。内訳?

61,000台の内訳はノアが24000台、ヴォクシーが37000台
※月間目標台数:ノア 3400台 ヴォクシー 4600台なので約6倍ですか エンジンかハイブリッドか
 パワートレーン別内訳
ノア:ガソリン車 約14,000台、ハイブリッド車 約10,000台
ヴォクシー:ガソリン車 約24,000台、ハイブリッド車 約13,000台

トヨタの分析によれば 好評点として
・圧倒的な低燃費(JC08モード走行燃費23.8km/L)を実現したクラス初の本格ハイブリッドシステムの搭載
・ガソリン車はクラストップレベルの低燃費(JC08モード走行燃費16.0km/L)「エコカー減税」の対象車
・新開発の低床フラットフロアがもたらす、使い勝手の良い広々空間と卓越した乗降性
・スライド量810mmの超ロングスライドキャプテンシート(7人乗り仕様車)による広い足元スペースと多彩で快適なシートアレンジ(トヨタHPから抜粋転用)

購入された方もいろいろ迷いながらガソリン・ハイブリッドを決めたのかもしれませんね。増税前に納車を希望するならガソリン 増税後にはなるけど燃費性能に優れたハイブリッドか そして7人乗り・8人乗りの割合が発表されていませんので詳細は不明ですが恐らく7人乗りが6割強ではないかと推測する。また2WD(FF)・4WDの割合もハイブリッドが2WD(FF)のみなので、2WD(FF)7割強ではと推測できます。

気になる納期ですが、4・5か月分のオーダーがあるのでたとえば今日注文したら納期は4・5か月後になりそうですね。我が家は今年の冬にはスライドミニバンを購入したいと考えています。新型ノア/ヴォクシーも特別仕様が登場するかもしれません。そしてライバル他社のステップワゴンやオデッセイがハイブリッドで登場するかもしれません。選ぶ悩みを味わいながら最終的に決めたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする