誰でも簡単にアプリ版Youtubeでパケット節約する方法。これは必須設定だなぁ。将来のSIMフリーの運用を考えてみた。

ここ最近の休日にの悩みがある。それは子供が「スマホを貸せ」と言いYoutubeで動画を観まくることである。結果 速度制限になってしまうのだぁ ちなみに、本日(記事作成時)も速度制限が発動中でYahooを見るのもTwitterアプリの更新も時間がかかる。条件によっては接続がタイムアウトしてしまう。使えない液晶端末になってしまう。 ちょっと前に、データ通信量を自動で計測し上限を設定すると通知してくれるアプリを紹介したが、そもそもはYoutubeで動画を観ているのが原因です。何かアプリ側で通信量を節約する術はないかと普段は開かない設定を開くと、ありました。 恐らく、知っている人は知っている機能です。いつから実装されていたのか不明(実は初期から)ですが、データ通信量が多いHD画質での再生を「WiFiの時のみHD再生」と設定できるのです。

画期的な機能だと感激したのは、私だけかもしれません。 まず、設定して様子を見ることにします やっぱり、次期iPhoneを購入する際はSIMフリー版を購入しようかなぁ まぁ次回の買い替えをする頃には全端末がSIMロック解除されているかもしれないので、キャリアで購入して格安SIMで運用になっているかもしれませんね。

恐らく将来的には格安SIMの普及が進むだろうな、でもキャリア側も対策として料金プランを放題プランのみを選択させるようにするだろうな きっと しかし選択の自由がない通信キャリアへの不満は増すであろう。そこで考えられるのはデータ通信量の絞りではないかと思う。放題プランに加入しないのなら使い物にならないレベルまでデータ通信量を制限し、放題プランの契約を前提にするのではないか?

SIMフリー後のキャリア戦略に注目したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする