Windows8.1をVirtualBoxで起動させる際の微調整 ワイド画面

Windows7のVirtualBoxでWindows8.1を起動させてみたが、見事に画面の比率が4:3で1024X768に固定されて解像度を変更したくても選択肢にも出てこない

Windows8.1のUIがちょん切れてるなぁ 仕方ないと諦める事なかれですよ
ちゃーんと準備されてるんですね(スクリーンショット取り忘れた・・・)
l_kn_win8ren03_01
画像はイメージです
VirtualBoxのワイド画面設定方法
ホストOS側のコマンドプロンプトでインストールフォルダなどを指定して下記のコマンドを実行

C:Program FilesOracleVirtualBox>VBoxManage setextradata “Windows 8” CustomVideoMode1 1366x768x32

赤字の部分をご自分のゲストOS名を指定する
しかしVirtualBoxてタダなのに機能満載だぁな〜 自PCで検証環境作るならVirtualBoxがいいかもしれませんね OS依存しないからWindowsでもMacでもLinuxでも動くすばらしい限り
注意点もあるけど
一度VirtualBoxでブートしたVHDはVirtualPCやHyper-Vでは利用出来なくなるというページを発見しました まぁ 自分の検証環境なら関係ないか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする