Windows7のVirtualBoxでWindows8.1を起動させてみた

また仮想化・・・っです

Windows 7でWindows8.1を起動させる為にVirtual Boxを利用した際の備忘録です

環境:ホストPC OS:Windows7Pro
準備物:Oracle VM Virtual Box Windows8.1のpreview ISOファイル
手順
1.まずはVirtual Boxの最新版をOracleからDLする
2.続いて、Virtual BoxのExtension PackもDLする
  ExtensionPackを入れると便利に使える機能があります

3.Virtual Boxのインストールを実行する
  VirtualBox-4.2.12-84980-Win.exeを実行する


4.次に、ExtensionPackもインストールしましょう
5.Virtual Boxのマネージャーを起動して、新しい仮想マシンを作成します
  名前にwindows8.1と入力したら、勝手にバージョンがWindows8.1に変わりました やるなぁ~

メモリは1GBを割当て 仮想ハードディスクを新規作成するハードディスクのタイプはVHD形式・サイズは可変を選択しました それでOSの基盤ができました。

6.仮想マシンの設定画面を開き、windows8.1のISOファイルをドライブにマウントしてあげます

7.後は、起動ボタンを押してWindows8.1のインストールウィザードを進めればOK
※ローカルアカウントでもセットアップ可能です MicrosoftIDだかLiveIDだかを新規登録する必要はありません 登録しなくても使用できるみたいです

調整が必要な部分がありましたので、そちらについては後日ということで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする