定番「美ら海水族館」と忘れちゃいけない「瀬底島」。観光立国の日本を感じる 夏休みVol4

古宇利島の朝

本当に快晴すぎて びっくりな感じです。沖縄好きで旅行や長期滞在経験のある嫁は「沖縄って曇りが多くて、こんなに快晴なのは私も経験がないかも」というほど青い空と太陽さん そしてエメラルドグリーンの海。まぁよく聞く言葉ばかりですが、でも本当に そうなんですよ。見てください。
朝日と清々しい海風を感じながら、ゆっくりと朝食を食べて身支度を終えたのが11時近く、身支度が遅いのは普段も旅行先も変わらないみたいです。
それから本部町にある「美ら海水族館」へクルマで移動です。

美ら海から望む「伊江島」 やっぱり快晴すぎて海の色がヤバイ。本当にエメラルドグリーン

連休前の平日のためか混雑していない館内とジンベイザメ ゆっくりと時間をかけて館内を巡りました。

観光しているのは家族連れと学生(大学生)と中国人 韓国人が多かったかなぁ。
次に向かったのは、「背底島」
離島ですが橋があるので気軽に行けちゃいます ここの橋のたもにあるビーチへ昔ながらの海の家と新しい海の家がありますのでお好みでシャワーも完備していますので、十分ではないでしょうか?
ここでは貝殻拾いをしてみました。

そして広めのビーチ側はこんな感じです

今日で沖縄の旅も終わり明日は帰路です
最終日の夕日は心にしみすぎて
眩しかった

こんな毎日を過ごせたらと都会人ぶりながら夕日の沈む時間を贅沢に過ごしました。
名残惜しい感じは否めませんが、BBQとオリオンビールを飲みながら古宇利島の夜を満喫。星がヤバイ なんだこれ。田舎者の私でも今までに見たことがないほどの星の数 写真は撮れませんでした しかし、これはぜひ肉眼で見て欲しい。
さすがに連日連夜の遊びで体が疲れていたみたいで、夜は早めに寝てしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする