沖縄の離島「古宇利島」を満喫!最強にアットホームな宿「ペンション美ら橋」で過ごす 夏休みVol1

沖縄家族そして嫁さんの職場の同僚家族と沖縄県の古宇利島へ3泊4日の旅行に来ております。青い空とハイビスカスという沖縄らしい写真から。

しかも、私は沖縄は人生初。子供達も人生初なのですが私は37年間日本の南国には行く機会がありませんでした。
9月の中旬にも関わらず、30度超えの毎日ですが快適に過ごさせていただいております。
今回お世話になる宿のご紹介です。
こんな景色を毎日見てたら色んな事が小さく思える。だって コレですよ。
宿のデッキ(古宇利島側から見た)「古宇利大橋」です。天候に恵まれて逆に暑いぐらいです。
宿の名前は「ペンション美ら橋」
家族で営む最強にアットホームな宿で、常連の同僚家族は「ただいま、お母さん」と第一声 そして「大きくなったね」と子供達を久しぶりに見たお母さんからの一言 これは家族を迎えてくれるような心温かい宿だぁ。
大・小2棟のペンションがあり、どちらもシャワーとトイレ・キッチン そして食器 調理器まで揃っている充実ぶりです。バスタオルや歯ブラシ 髭剃りとアメニティーも充実 体一つで泊まれちゃうなぁ だって洗濯機も使い放題だから裸で寝れば着替えもいらないなぁ
 そして宿の前にはテラスがあるので夜は星を見ながらBBQを楽しむことが出来ます。なにが良いって何も無いから音も無い 周りには民家も少ないそして海までの間には人が住んで無いから邪魔なものは一切ないんです。沖縄の海を独り占めできる贅沢。

絶対にリゾートホテルでは味わえ無い経験ですよ。だって沖縄の家に帰ってきた気持ちになるんですよ自然と。観光地を巡るのも悪くないと思ったけど、この雰囲気だと「ごろ寝」が最高にいい 昼間からオリオンビールのビールサーバで冷え冷えのビールを飲みながら時間を過ごすのは最高です。

朝食も毎日違う食材で気持ちがこもった料理です。お母さんが卵焼きを子供達に焼いてくれたり我々家族だけに作ってくれる贅沢だなぁ

古宇利大橋近くにあるビーチまでは歩いていけるので気が向いたら海に浸かってぼーっとできるし、宿で浮き輪やクーラーボックスなんかも貸してくれます。

そんなお宿「ペンション美ら橋」は予約困難な人気のペンションです。以前は半年前から予約を受けていましたがネットの手軽さで仮予約と考えて予約した方がキャンセルしちゃう事が多くてトップシーズンの短い営業日に空きが出る事もあったそうで現在は、3ヶ月前からの予約にしているそうです。狙い目は9月初旬から中旬頃ではないでしょうか
それからお父さんが育てている無農薬のバナナが美味しかったなぁ よく買うフィリピン産のバナナも甘くて美味しいのですが、お父さんのバナナは甘さが控えめでフルーツらしい酸味があるんです。
こだけではない心温かい「ペンション美ら橋」本当にオススメです。スケジュールを事前に決められる方は予約してみて下さい。
絶対に沖縄が 古宇利島が好きなるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする