トヨタ-ラクティス スバル-トレジアがマイナーチェンジ!!扱いやすさNo1でフロ ントマスクが顔に見えるぞ。

ractisトヨタ ラクティス 実は私も勤務先の営業車がラクティスで日常的に運転しておりました。

ポイントとしては扱いやすいサイズ感 全長×全幅×全高(mm)3,995×1,695×1,585 これは「ホンダ FIT」ほぼ同サイズで若干ラクティスの方が大きい。そしてAピラーに角度があるラクティスの方が背が高く見える。
パッケージ的には大人4名(定員5名)がゆったりと座れるようなインテリアとなっている後部座席でも窮屈さは感じない荷室スペースも大きくはありませんが後部座席を倒せば大きな荷室スペースが生まれます。サーバやパソコンを積んで
納品に行くことがあり多いときはサーバ2台・パソコン5台・ネットワーク機器もろもろを積めました(詰めました) マイナーチェンジの改良点として、先にマイナーチェンジした「ヴィッツ」に採用された新開発1.3Lエンジンが搭載されるアイドリングストップも搭載され1.3Lエンジンで燃費は21.8km/L また従来から採用されている1.5Lエンジンもアイドリングストップが搭載され燃費は20.6km/Lという優秀な燃費です。先代の話ですが1.3L・1.5Lを両方運転しましたが1.3Lはパワー不足を感じました。1.5Lは高速走行でも追越にストレスがあまりなかったですが1.3Lはべた踏みしないと加速しません。 インテリア周りでは、フロントガラスにスーパーUVカット+IRカット機能付ガラスを採用して紫外線カット・室内温度の上昇を和らげてくれるそうです(女性を意識してますね)
このクルマの元の元は「ファンカーゴ」ですが、実家のオヤジが10年17万キロというこのクラスでは珍しくロングライフで「ファンカーゴ」に乗っています。オヤジは「次は軽で エブリーがいいかなぁ」といやいや待て待て オヤジは年間2万キロ弱走行する。最近のガソリン高を考えると 20,0000キロ÷15km/L(燃費)=1,333L×150円/L(ガソリン価格)=約200,000円の燃料代がかかる 迷わずハイブリッドでしょう しかも田舎なんだから普通に乗っていても距離が延びるんだから オヤジに最適なクルマを探してあげようかと思いながらも自分のクルマを取得するのはまだ遠い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする