初心者にやさしい Mac120%活用するために MacでWindowsを使うために必要な知識が一冊の本で発売!!

Macの全世界でシェアは1割にも満たない少数派ではあるが、MacとWindowsを併用するユーザーも多い。特にネット系と言われる業界ではMacが主でWindowsが福という関係となっているようでMacの基本的なアーキテクチャーがLinuxペースであることからWebサーバーに多く採用されているLinuxと相性が良い また、デザインするならMacでしょう的な考えもあるかもしれませんね まぁ多くの人はデザインやAppleという企業スピリットに共感して購入するのかもしれませんね 私はコスパで選びました。 これからMacを購入する方 WindowsとMacを迷っている できれば両方使いたいなどパソコン選びに迷う方多いと思います
MacでWindowsが動きます MacのOSでもサポートされています そしてMac上に仮想OSとしてWindowsを使うこともできるのです 知ってますか?知ってますよね MacでWindowsを使う方法には OS標準:BootCamp
仮想化:Parallels Desktop for Mac
仮想化:VMware Fusion 6 仮想化:Parallels Desktop for Mac

仮想化:VMware Fusion 6

※まめ知識参考サイト:http://applech2.com/archives/32540052.html それぞれの言い分が違いますが参考までに各社の比較資料
http://www.vmware.com/jp/products/fusion/compare.html
http://www.parallels.com/jp/landingpage/pd/fusion-compete/ ユーザーによる各社の比較資料
参考ページ:http://spacehubby.net/?p=262
でも、MacでWindowsを使いたいが方法がわからない そんな方向けの情報(本)を見つけました Macオーナーに向けて、Windowsのネイティブ環境を構築するためのガイドです。Windowsをメインに使う読者のために、Macの選び方にも触れます。ただしMacとWindowsの基礎的な操作を習得していることを前提条件としています。対象層は、パソコン自体には詳しくないが、仕事や学校の都合でWindowsのネイティブ環境が必要な一般ユーザーでビジネスマン、OL、新卒、学生などです。 ちなみに私はBootCampでWindows7をドライブしています 私の場合はMacでは動画編集 Windowsで仕事や年賀状印刷
用途によってOSを切り替えていますが容量不足でMacOSのアップデートができないという致命的なミスを・・・・
そんな事がないように教本を買っておけば良かったという小説!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする