Hyper-VにWindows8.1インストール手順と失敗について

担当サービスの画面遷移がおかしいと他部署から連絡を頂きました。

さぁ確認だ 確認だ Windows8で確認だ
しかし、IE11て もう出たの? IE11???? Windows8.1Previewだぁ
また気が早いご確認ありがとうございます こちらは何も見てません
でぇ Hyper-VにWindows8.1をインストールします
MicrosoftのページからISOファイルをダウンロードします(64Bit or 32Bit)プロダクトキーは大きくさり気なく記載されてます
失敗は致命的だった。その内容とは

それからDLはIEでした方がいいですchromeでDLしたら、セットアップ途中でドライバーがないと怒られます
その後の手順はWindows8と代わりはないみたいですね
Hyper-Vの設定はCPU1コア MEM1GBにしておきました。

winsetup10
8.1からMicrosoftのアカウントが必須になってローカルアカウントは使えないとマイナビさんのページに記載ありましたが、私はローカルアカウントで使えてます
マイナビさん詳細確認して下さい
Windows8.1でローカルアカウントを作成する方法は・・・ 
winsetup21
この画面で誤ったメールアドレスとパスワードを入力すればOKです Windows8.1があきらめ?
なのか ローカルアカウントの作成画面が表示されます キャプチャ忘れましたm(_ _)m
そんなこんなでインストール完了しました。
デスクトップ画面 どぉ〜ーーん
winsetup23
IE11の画面 おぉーーーら
winsetup25
感覚的に何が変わった? と思うぐらいですが、大きく変わったんだろうなぁ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする