知れば納得「禁煙」による体の変化!突然の眠気は禁断症状?原因はタバコの 副 作用「覚醒」にあった

私、実は禁煙しています。実際には始めたばかりなので「禁煙を始めました」が正しいかもしてません。

なぜ、禁煙?会社の定期健康診断で悪玉コレステロール値が高く善玉との割合比較で正常値を大きく超える値となり「治療」が必要と診断されたのです。産業医と面談し「食生活を改善しましょう」と言われました。そして私は喫煙していることを告げると「やめましょう」注意しなければいけないのは食生活や運動ですが、それを実践しても「喫煙していると危険性は増すばかりです」人生で初めて命について医師から話を受けたことにビックリしました。喫煙により悪玉コレステロールが血液や血管に蓄積されやすくなるそうです。

で、禁煙を始めました。

以前にも禁煙をしたことはあったのですが、今回は10年以上も吸い続けているので気合が必要です。

そして禁煙して丸一日が経過した 月曜日。会社へ出勤 電車に乗っているたら突然のふらつきが今までに感じたことがない感覚にビックリしました。禁煙により体が変化したのか?

会社で勤務が始まると、同僚から「今日は顔色が悪いですね」と言われた。なぜだ禁煙したので体は正常に戻ると思っていたが・・・・ すると突然のめまい(眠気)で気を失いかけた。 はっとした。なぜだ?

すぐにGoogle先生に聞いてみた。

すると 「禁煙 眠気」と検索のサジェストが
サイトを見ると禁煙による眠気が禁断症状として紹介されていた。もっとも多い禁断症状ひとつが眠気だったのです。

タバコには覚醒作用があり、喫煙すると頭がスッキリするというのは この覚醒作用が関係しているようです。例えばですが興奮状態の場合は沈静効果、そして平常時や寝起きなどのボンヤリした状態では興奮の効果がある。たしかにこれまでの喫煙を考えてみると、朝のタバコ 大事な会議などの前 どうしても喫煙したくなる。なぜか? こんな作用があったからなのか タバコが恐ろしく感じた。ここまで人間の体に影響を及ぼすのか

では、どうしたらいいのか?

その答えは禁煙外来や医師相談そして禁煙本だ。

禁煙外来はご存知のとおり、保険適用されるのでファイザーの「すぐ禁煙」を見てみましょう
禁煙外来の保険適用には用件があるので事前にチェックしてから受診したほうがよさそうです。

禁煙外来を行っている医療機関はこちらで検索できます
禁煙外来検索ページ   私は過去の禁煙から、思うにやめると決めたらその日から「タバコ」を絶つことにする。禁煙本などでよく言われているが、本数を徐々に減らす ニコチンパッドや薬の服用など 様々な方法はありますが、減らすことは禁断症状を助長する場合があるそうです。

また経過を報告させていただきますが、禁煙は一日にして成らず。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする