ノウハウを蓄積するより 発信する事で


最近、IT勉強会の話を聞くことが多くなった。

普段は別の会社で仕事をしている技術者や営業などが企画 運営をしていたり、ソフト会社のイベントとして組まれたり色々でした

GoogleカレンダーにはIT勉強会のスケジュールがあったり
これまではシステム会社が自社製品問わず技術を蓄積し専売特許的なビジネスを展開できた(私もそうでした)が、最近は多くの案件をこなして売上を上げる会社が多くなったと思う

写真は関係ありません
新宿三丁目 野菜が美味しいお店

とある会社さんは、PG デザインなど全てを発注会社に納品するらしく「自社で持っても何も生まない」と言っていた
一昔前なら財産だが、負の遺産として持ちたがらない
なぜ?


理由は簡単だった
自分達が作った物を継続的にメンテや改修していくよりも他人に任せて自分達は新しい案件をこなす方がいいという事だ 改修やメンテ・運用には時間では計算出来ない工数が発生するものだ
それよりも要件が整理され技術流用でき工数管理が容易な案件をコンスタントにこなす方が利益率が高い
頭がいい やり方だぁ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする