増税後に損をしないために覚えておきたい事(子育て世帯・領収書・白物家電)

個人的には増税の影響は少ないだろうと考えていたのですが、いえいえ色々と新たに始まることもあるのでブログで残しておきたいと思います。
kid0014-009
1.子育て世帯は要チェック!!「子育て世帯臨時特例給付金」とは?概要と給付金額について
こちらをご存知ですか?

子育て世帯臨時特例給付金とは
平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられますが、子育て世帯の影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、臨時的な給付措置として行うものです。 また、児童手当の上乗せではなく、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)と類似の給付金として、これと併給調整をして支給するものです。(平成25年度一般会計補正予算(第1号)(平成26年2月6日成立)) 支給額は1万円/子供一人当たり(15歳以下)となります。各自治体へお問い合わせ下さい。恐らく夏前支給では?

2.領収書に張る印紙代が5万円以上からに変更されます
これまで3万円以上の領収書やレシートに貼り付けられていた印紙が5万円以上に変更になっています。いつもの癖で3万円一枚ではなく5万円一枚になりますのでご注意ください。まぁ自分はサービスを受ける方なので関係ないかもしれませんが・・

3.増税前に白物家電は買わない!!増税後の最安値を狙おうと考えてしまうデータ
実は我が家では「白物家電」の購入を増税後に先送りにしました。なぜなら増税前に白物家電は買わない!!増税後の最安値を狙おうと考えてしまうデータを参照いただければわかるのですが、白物家電などが昨年末頃と比べると値上がりしているのです。もちろん例外もあるのですが、3月末で10,000円だった商品も9,700円まで価格が下がれば

消費税5% 10,000+5%=10,500円
消費税8% 9,700円+8%=10,476円 となり8%増税分を相殺できます。価格変更をチェックしていきたいと思います

洗濯機
日立:ビートウォッシュ
2013年12月 平均価格:72,633円
2014年 3月  平均価格:80,834円(+8000円)
image kakaku.comで調べたら
まぁ電器店も増税前の駆け込みは「うれしい」けど、増税後の買い控えに備えて価格を調整するのは市場の原理でしょうね。
kakaku.comでは気になる商品の価格が更新された際にメール通知してくれるサービスを提供しています。ぜひ活用しましょう。もしかしたら既に価格が大きく下がっているかもしれませんね。

image

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする