ドメイン登録・管理はお名前だけじゃない「スタードメイン」へドメイン移管。案外簡単に移管できました!

最近、英文の迷惑メールが多い中年サラリーマンです。

それと関係があると思うのですが、当ブログはGoogleのbloggerで独自ドメインで公開しています。先日、ドメインを有名な「お名前.com」で取得しました「life-type.com」という なかなか響きの良いドメイン名です。ここまでは良かったのですが、ドメイン取得時に失敗してしまいました。
・失敗
ドメインのwhois情報を代理にしなかったのです、詳しい方はお分かりですね。ドメインを取得する事はインターネット上に住所(自宅)を持つようなもので住宅(不動産)の持ち主を明確にする必要がある。その情報がwhois情報です。簡単な例えですが何となく伝わったかな?
ここの説明がありますお名前.com「Whois情報公開代行」とは
・影響
ドメインのwhois情報には法人ではない個人の情報がネットに晒されてしまう。

・実害
英文のメールが多く届くようになりました。

■ドメイン移管手続き

1.まずは、ドメインを移管する会社を決めます。ネットの情報などを検索してたどり着いたのが「スタードメイン」 実は「スタードメイン」を運営するネットオウルという会社のサービスは以前にも利用していたのです。
Blogger移転方法を改めて検証!!無料「WordPress」を提供してくれる「WPblog」で仕様や機能を確認しながらチャレンジしました。

その印象もあり、こちらに決めました。http://www.star-domain.jp/


2.ドメインの状態を確認する

 登録したドメインが移管可能か確認する画面でチェックすると、問題なく「移管できます」と問題ないようですね。

3.移管元の「お名前.com」でAuthCodeを確認する

お名前.comのドメインナビにログインしてドメイン情報にある認証コードをメモしましょう。

4.「スタードメイン」側でドメイン移管の手続きを行います
  移管申請というメニューが準備されています

レジストラを洗濯してお支払情報を確認すると年額1,274円の請求(ポイントで254P還元)まぁしかたない個人情報がネットから消えるなら安いものだ。よっぽどGoogleの検索内容から個人情報を削除する方が大変だ。クレジットカードで支払金額をプリペイドとして補充して決済する。


5.ドメインの移管完了を待つ

移管作業中の状態なので、待つ

6.ドメイン移管完了のメールを受信したのでドメイン登録情報を確認

見てください。ドメインのレジストラが「NETOWL」に変わっている しかも時期が良かったのか?申請の翌日にはドメインの移管が完了していた。

そもそも、お名前.comでドメインを登録する際に「Whois情報代理公開」をチェックしていれば、何もする必要なかったのですが自分のミスなので・・・ 仕方ないなぁ。

それではドメインに関しては問題なさそうだ

そろそろブログをBloggerからWordPressへ移行時期を検討しましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする