ほぼオフィシャルの新型アルファード/ヴェルファイアがオートサロン出展!!マイルドヤンキーの方は要チェック(大きさ・駆動系)です

東京オートサロンに出展された新型アルファード/ヴェルファイアをチェック!! GazooRacingが出展した この車輌は何かがオカシイ? image image 気が付いた方いらっしゃいますか?フロントマスクは現行ヴェルファイアの特徴が色濃い感じで、リアはアルファードなのである。そうです。アルヴェル(ヴェルアル)なんです。 GazooRacingのオフィシャルサイトからの転用ですが写真をアップします。 運転席周り
この車輌がハイブリッドモデルなのでセンターコンソール付近はバッテリーが収まり運転席と助手席は独立していますね。大型のナビと左右の大きなダイヤル式のスイッチ類が特徴的ですね。image運転席コックピット
ハンドル周りを確認する限り「クルーズコントロール」やオーディオスイッチなどを装備していますね。メーター周りは現行よりもコンパクトになっている印象です。
image 2列目エグゼクティブシート
出展車輌は4人乗りで2列目は左右独立のエグゼクティブシートですが、情報によると市販車は現行と同じで7人乗り・8人乗りが準備されるそうです。豪華だなぁ~
image 3列目付近から運転席を望む
注目は後部席ディスプレイでしょうか。トヨタ純正でもっとも大きい11型が搭載されるのでしょうか?もしかしたら12インチかもしれませんね。 image 運転席側ドアとスライド部分
乗降用ステップもしっかりした作りで期待できますね。低床化したんだよね。たぶん
image
市販車ではなく、カスタマイズモデルなので実際に販売される際はサイズも変わるような気はしますが参考程度にGazooRacingの車両データをお伝えすると

車両寸法 (全長×全幅×全高)
4,930mm × 1,850mm × 1,895mm

ホイールベース
3,000mm

駆動方式
4WD

トランスミッション
電気式無段変速機

ハイブリッドモデルはE-Fourなんでしょうかね。ハイブリッド=CVTでしょうね。先日アクアを運転した際のBレンジは強力なエンジンブレーキが効き「ビックリ」しました。峠の下りもBレンジならブレーキ必要ないかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする