マイホーム購入 消費税率アップ前に確認しておくべき事

増税前の駆け込み需要というニュースが増えています ご存知の方も多いと思いますが9/30までの建物請負契約に関しては、増税後に建物を引き渡しとなっても消費税率は現行の5%のままでOK

しかし、それ以降の契約は税率8%となります 建売戸建て マンション(来年3月竣工)は増税前の引き渡しであれば5%
そこで、我が家はどうか?
新築戸建てを考えている 賃貸が手狭になり4人家族で住める家を建てたい
私は以前 住宅メーカー(工務店)に勤務したことがある その際の話ではありますが、現場レベルでは増税前よりも増税後の受注数の減少が気になると なぜ?

増税後は税金が多く取られてマイナスと考える人が多いかだろう それを懸念するあまり 住宅メーカー側は増税前に利益を確保しようと考えが働く 当たり前である 受注できなくても人件費 経費は毎月発生する
まぁ出遅れ感は否めない状況と悩む事なかれ 増税後には強気の営業マンも弱気になり値引きをしてくれます そして、住宅ローン減税(控除)の額が増えるのです
増税による負担増を上回る値引き 減税があるかもしれない よく計算して下さい
戸建て住宅5000万
土地 3000万(無税)
建物2000万(5%) 100万
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
建物2000万(8%) 160万 60万アップ‼︎
増税で60万 大きいですが ちょっと考えて下さい マンションなんかは100〜200万平気で値引きます 
12月には具体的な増税への経済対策が策定されます まだ急ぐことはありません
私は そう考えます
考えるようにしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする