AWS Summit2016に参戦‼︎ランチの質は下がった?でもサービスは

今年もAWS Summitに行ってきました。もう4回目ぐらいの参戦でしょうか?

以前までは会期が2日間でしたが、今年からは3日間にグレードアップ そしてセッションへの参加申し込みは1万6千と一つのクラウドプラットフォームが主催するイベントでは間違えなく日本一でしょうね。

今年は仕事の都合もあり、最終日のお昼から参戦 予約が直ぐに埋まってしまうランチセッションを初めて申し込みました。ちょっとだけお弁当が楽しみにしていたのですが、マイセンのカツサンド&おにぎり弁当でした。
次にAWS関連のサービスやソリューションを提供する会社さんの展示スペースを散策し目新しい物がないか確認。
まぁ昨年と同じような会社さんばかりですが、各社新しい技術やサービスをアピールしていました。今回はデータセンターとAWSを接続するネットワークサービスを確認して米国製の監視ツールを見てみました。どれも洗練された画面構成でzabbixとは違い見せる工夫があるなぁと感心しました。
AWS Summitのもう一つの楽しみだったランチのビッフェは無くなりお弁当が配布される事になったけれども、これだけ多くの人が来場するということはランチのビッフェに人が集中し、午後のセッションまで時間が足りなくなる。以前からも指摘はあったのだろう。

そして、セッションはPS4などで使われたdynamoDBとクックパッドさんのセッションを聞きました。
総じて申しますとクラウドは新しいプラットフォームではなく、当たり前のプラットフォームになったんだぁ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする