Amazonが中古車販売開始!!クルマ販売とネットの親和性はあるのか?

image
Amazonが中古車販売を開始というニュースが流れた。わたくしもクルマ業界におりますので一言二言申し上げてもいいですか?

この中古車販売についてバックに大手中古車販売店がいる その会社のプレスリリースから転用

この度ネクステージは、総合オンラインストアAmazon.co.jpと協力し2014年6月3日(火)より中古車のオンライン販売を開始しました。Amazonでは初の中古車販売事業者となります。
http://www.amazon.co.jp/nextage/ 安心して商品を提供できるプラットフォームを有するAmazonと共に、オンライン通販上の健全な中古車販売の取引・運用ルールを共同して構築し、お客様に新しい中古車の選び方を提案、当社の高品質な車両を全国に提供することが可能となりました。

Amazonでの主なサービス概要は以下の通りとなっています。
①低価格での中古車販売(33万、44万、55万円の3価格総額固定)
②返品可能(納車から1週間以内、手数料3万円のみ※沖縄・離島は別途配送料をいただきます)
③東海・関東・関西地方 自宅への配送無料※他地域および離島は別途配送料をいただきます)
④主要消耗品8項目を新品に交換(タイヤ・バッテリー・エアフィルターなど)
⑤全車1年間の保証付き(新車並みの保証範囲をカバー)
実は世界中のAmazonで日本だけが中古車販売を開始したんです。この点に関してはAmazonの日本法人さんに賞賛をと思っております。巨大企業Amazonで日本独自の商品を扱う考え感服しております。が、問題として考えられるのは中古という点です。クルマは住宅の次ぐらいに高価な買い物なので購入する際はいろいろと検討することと思います。中古車の購入は通常 販売店などの在庫を確認し実車を見てから購入を検討するものです。それをネットだけで完結することは難しいと思います。また中古車へのネガティブイメージがあることも事実です。

しかし、今回の販売条件にはネガティブイメージを払拭するために「消耗品などを新品に交換」「1年保証」「鑑定」ということを行っている。これは「ネクステージ」が長年の中古車販売経験から編み出した妙案ではないでしょうか。それから鑑定についてはGoo鑑定書が掲載されているのでGoo鑑定が業界もしくは一般消費者に認知されている証拠だと改めて思い知らされました。

で、ネットと中古車販売の親和性ですが 割り切りだと思います

今回の販売価格は33万円、44万円、55万円の固定価格 これは価格レンジに入る車両以外は販売されないのです。だから消費者も程度は違えど妥協できる範囲内だと思います。これが100万円以上では売れないと思います。100万円以上のクルマを購入できる人は恐らく中古車販売店やディラー系販売店で購入するでしょうから、合わせて低価格帯ということクレジットや借入ができない方にはうれしいサービスだと思います。俗にいう「ポッキリ」なので

しかし、Amazonさんは いろいろな物を販売するなぁ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする