大激怒!医療事務の担当者が非を認めずに私のミスと主張した事に怒ってま す。 どうして他人の責務を負わなければいけないのか?旧保健組合に請求され た医療費についてパート2

前回の投稿以降の出来事です。

旧保健組合へ電話をしました。
旧保健組合としては一旦医療費を振り込んでいただき、本来の保健組合へ返還申請してほしいという内容です。これは以前も聞いた内容なので理解はしている事を伝えた。
しかし、私が病院側のミスにより責務を負うのは理解出来ないと伝えた。
担当者には旧保健組合の資格を失効してから、これまで誤った請求がそちらに請求された事はないでしょう?と確認もしたが記録を見ないと分からないと正しい回答を頂いた。この対応は正しいので私としては怒りもなかったが、旧保健組合にも落ち度がないとは言えない。それは病院側の請求に対して資格が失効しているにも関わらず支払いをしてしまっている。仕組みの問題なのでグダグタと文句は言いませんが、社会一般の常識で言えばあり得ない。誤った請求をそのまま支払う事は一般の会社ではない。そんな事をしたら懲罰や会社自体の信用を疑われる。医療機関と保健組合の馴れ合いだと思った。
やはり心情的に許せない。病院側がミスと認めずに旧保健組合とやりとりして下さいと言った事 そして旧保健組合の保険証を持ってきたと言い張り私が悪いのではと言わんばかりの態度。
旧保健組合の担当者には、旧保健組合からの医療費振り込みには一時的であっても応じられないと伝えました。延滞金などについても私から話した。上司に対しても状況を伝えていただくようにお願いした。
明日、病院側へ電話をする。
話す事は病院側から旧保健組合への請求を取り下げる(返金する) そして本来請求すべき保健組合へ請求を上げる。

しかし、拒否しようものなら直接病院へ出向き話をする。
その際は、病院側のミスを追求し私に非がない事を認めさせる。そして今回の件で私が負った不利益の代償を求める。労力 時間 電話代 精神的苦痛 全て病院側へ求めます。
これも病院側は応じなければ医療機関への苦情などを受け付ける医療安全支援センターhttp://www.anzen-shien.jp/

へ今回の件を伝える。診療に関する事については聞いてくれそうだけど、保険診療や事務の手続きは、もしかすると埼玉県医療安全相談窓口http://www.pref.saitama.lg.jp/a0703/anzensodan/が適切かもしれない。加えて保険診療に関しては、埼玉県の場合は

保険診療に関する医療費の相談
(1)国民健康保険に関するもの
(2)社会保険に関するもの
  • (1)埼玉県国保医療課
  • (2)関東信越厚生局指導監査課 
が適切かもしれない。
いずれにせよ 私は許さない
今回の件で一時的に医療費を立替し本来の保健組合へ返還申請したとしても、病院に対して是正や改善を求める。私のような境遇にある方を無くしたい。
かなりイラついていたが、落ち着いた。
冷静に対応したい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする