ホンダ次期ステップワゴン1.5Lターボ搭載確実!!ダウンサイジング1L・1.5Lをラインナップ準備中

レクサス(トヨタ)がNXシリーズで搭載したのが2Lターボ、このエンジンをクラウンやハリアー・レクサスISにも搭載予定らしいですが、ここで気になるのは実は開発が最終段階になっているホンダのダウンサイジングターボエンジン。1L3気筒ターボは2016年夏登場予定の新型フィットシャトルに搭載されるらしい。また、2016年秋には新型フリードにも搭載予定とか主力の車種にダウンサイジングターボが続々と搭載される。まさにホンダの社運をかけたエンジンなのかもしれませんね。

image 気になるのは1.5Lターボを搭載する次期ステップワゴン。
1.5L 4気筒直噴ガソリンターボエンジン このエンジンについてホンダは、「VTECをはじめとした可変動弁機構を適用し、徹底した低フリクション化を図った新骨格エンジンをベースに、低イナーシャ高応答ターボチャージャーと直噴技術により、従来の自然吸気エンジンをしのぐ高出力・高トルクと低燃費を優れたバランスで両立した、次世代のコンパクトエンジンです。」

スペックとしては、出力は200PS/26kgm程度となるらしいが、1.5Lで200PSとはパンチの効いたエンジンですね。現行のステップワゴンが150PSなので50PS差があるにも関わらず排気量は500ccも低い。税金も5,000円安くなる。そして燃費は20km/Lと聞きます。ハイブリッドを搭載しない分価格が安くなる可能性もありますね。

ただ個人的に気になっているのは車内の使い勝手です。現行のステップワゴンは3列目が床下に収納できるが新型も同様の機構が装備されるのか?そして2列目は前後にスライドするのか? トヨタのヴォクシー/ノアが2列目が大きく後方へスライドすることができて足元を広く使うことができる。これを体験してしまうとトヨタにあってホンダにないとなると・・・・ぜひホンダさんには採用してほしいです。リアゲートが観音開きになるなど噂がありますが乗降性や快適性があってこそミニバンですので期待しております。

最後に2.0Lターボエンジンもあるんです
2.0L 4気筒直噴ガソリンターボエンジンホンダは「 VTEC、高出力型ターボ、直噴技術、高性能冷却システムにより高出力・高レスポンスを実現。最高出力280馬力以上の高出力と、2014年より施行される欧州の排出ガス規制「EURO6」への適合という高い環境性能を両立した、革新的なハイパフォーマンスエンジンです。」 このエンジンはシビックTYPE-Rに搭載されるとのことですが、ぜひミニバンやCR-V等の重量のある車種へも搭載してほしい。さすがに280PS以上あると運転が楽になる高速での追い越しやフル乗車での上り坂など活躍してくれること間違えなし

一昔前だと「インテグラ」「シビック」「S2000」など刺激があるクルマが多かったホンダも今では市販車は大人しいクルマばかりです。ちょっと外した感じのクルマを販売しても良いのではないでしょうか?

ホンダ レザースマートキーケース 黒 HONDA 汎用品
Honda(ホンダ)
売り上げランキング: 380

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする