次期ステップワゴン ダウンサイジングで1.5 VTECターボ エンジン搭載。燃費 と 環境性能を向上させ、価格面で他社と差別化

試乗やユーザー動向を考えたホンダの戦略は当たるのか?
ホンダは2014年に全面改良を予定している主力ミニバン「ステップワゴン」にハイブリッド車(HV)を設定せず、新開発のダウンサイズ型過給エンジンを採用する。競争が激化する5ナンバーサイズのミニバン市場は販売増に向けて、環境性能の向上が必須となっており、競合他社は電動化への動きを見せる。ただ、ファミリー層が多く価格もユーザーの車選びの重要な要素となる。このため、同社はHVに比べて低コストで動力性能と環境性能を高められる。ダウンサイズエンジンを導入してシェア拡大に弾みをつける。
(日刊自動車新聞より引用)

ここからは噂ですが、搭載されるエンジンはホンダが最近公開した「VTECターボ」エンジン。現行2リットルの自然吸気型のガソリンエンジンが次期モデルでは同1.5リットル級の直噴ガソリンエンジンにターボチャージャーを組み合わせたエンジンになる見込みらしいです。小排気量で燃費特性を高めターボによる過給で高出力・高トルク いいねホンダさん
現行モデルを上回る走行性能に引き上げ市場やユーザーが求める高い環境性と動力性能を満足させる狙いが5ナンバー級ワンボックス型ミニバンは競合他社との販売競争が激化することは必死です
日産セレナはマイナーチェンジしてテコ入れ、そしてトヨタのノア/ヴォクシーは本物のHVで来年販売
しかし、ホンダが目をつけたのは購入するユーザー層が子育てをするファミリー層が主でガソリンエンジンとHVの価格差を大きくなればHVの購入を控えるかもしてない
私もそうだ ガソリンエンジンとHVで価格差が50万なら減税されたとしても価格差を回収するには距離を走らないと回収出来ない
東京モーターショーに出展されませんでしたが次期ステップワゴンの発表は近いかもしれませんね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする