トヨタの販売戦略 試乗が決めてのG’s 新型ノア/ヴォクシーも追加してください

トヨタの「G’s」をご存知でしょうか?
2010年6月に「ノア/ヴォクシー」へ設定され、以降「ヴィッツ」「ヴぇル/アル」「マークX」「プリウス」「アクア」が追加されました。その内容は、ボディ補強・専用エアロ・インテリア・スポーツサスペンションなどを装備し走行性能を高めたメーカー純正カスタム車両です。ベース車両よりも高い価格設定ではありますが車種によっては全販売台数の1割が「G’s」を選ぶそうです。
gsno最近ですと、「アクアG’s」が販売2か月で5千台を受注したそうです。

トヨタが狙うのはベース車両よりも単価が高い車両を販売することで販売店側の収益改善を支援していくのです。そして一般ユーザーには取り組みを通じてクルマの楽しみを創出していくこと。これはトヨタの新プロジェクト「DRIVING KIDS with TOYOTA」の意図するところです。

ユーザー側にとっては、カタログだけでベース車と比較できなかった車両に試乗できるのは単純にうれしい。試乗してみてベース車との違いを体感することで購入を決めるユーザーも多いと思います。また、逆にベース車で十分と思う方もいらっしゃるでしょう。私は家族を載せるクルマに対して安心・安全を求めます。走行性能が優れていることがもしかしたら、安心・安全になるかもしれませんね。

ご興味がある方は「TOYOTA G’s|ラインナップ」でラインナップを確認できます
この間、高速でヘビービューティな後ろ姿を目撃しました。ヴェルファイアのG’sだったんですね。
確かに「マークX G’s」はカッコいい 個人的に好きなデザインです。
アクアもカッコいい LEDをポイントで使っていてフロントマスクも「走りそうなイメージ」です

ボディ剛性を高めるだけでも走りって違いますよね。私はレガシィワゴンの時に実感しました。購入前に試乗した時はボディ補強していなかったのですが、フロントタワーバーを装着しただけなのにカーブでの車体の動きが劇的に変わった非装着時でもAWDの恩恵で安定していた走りがより一層安定感を増し攻めることが出来るようになりました。

G’sのボディ補強だけでもベース車との違うがハッキリとわかるかもしれませんね。

トヨタさんの販売店で試乗できることを待ち望んでいます。また「ノア/ヴォクシーG’s」販売してね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする