統合監視ツール「Zabbix3.0」がリリースされたのでAWSのCentOS7.2へインストールしてみました。

IT系ネットメディアでも紹介されている統合監視ツール「Zabbix」の最新版Zabbix3.0がリリースされました。当ブログでもご紹介しておりますがシステム運用にZabbixを利用している。とても便利なツールです。しかも無料です(サポートは有償)

今回はAWSのAMI-CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)へZabbix3.0のインストールした際の備忘録を残します。参考になれば幸いです。

MySQLでもOKらしいのですがmariadb-serverをインストールします

yum install mariadb-server

設定ファイルを編集します

vi /etc/my.cnf.d/server.cnf

[mysqld]
character-set-server=utf8
skip-character-set-client-handshake
innodb_file_per_table

※文字化け対策とinnodbを使うように設定

mariadbを起動と自動起動を設定

systemctl start mariadb
systemctl enable mariadb

DBへログインしてZabbix用のテーブルとユーザーを作成する

mysql -u root

CREATE DATABASE zabbix CHARACTER SET UTF8;
GRANT ALL PRIVILEGES on zabbix.* to zabbix@localhost IDENTIFIED BY 'zabbix';
FLUSH PRIVILEGES;
exit

それではリポジトリを登録してみます

rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm

yumでZabbixをインストールしていきます。

yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
yum -y install zabbix-agent
yum -y install zabbix-get

Zabbix用のDBスキーマとデータをインポート

cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.0.0/
zcat create.sql.gz | mysql -u root -p zabbix

Zabbixサーバの設定

vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=<パスワード>

Apacheの設定

vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
php_value date.timezone Asia/Tokyo

Zabbixサーバの起動と自動起動設定

systemctl start zabbix-server
systemctl enable zabbix-server

Apacheの起動と自動起動設定

systemctl start httpd
systemctl enable httpd

Zabbixのエージェント起動と自動起動設定

systemctl start zabbix-agent
systemctl enable zabbix-agent

Zabbixエージェントの動作確認

zabbix_get -s 127.0.0.1 -k agent.version
3.0.0

SELinuxを無効化

vi /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=enforcing
↓
SELINUX=disabled

OSの再起動

reboot

「アガァレーーーーー」
と気合いを入れたけど、あっさりZabbixが起動しました。

GUI画面は貼り付けでご勘弁ください

あとは環境設定に問題がなければダッシュボードが表示されます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする