Windows10アップグレード後の容量不足を解消する方法は?以前のWindowsファイル(過去データやアプリ)を完全に削除するしかない!!

中学生頃に貧乏な家庭なのに当時は高価だったパソコンを買ってもらったWindows機のOSがWindows3.1でした。かれこれWindowsとは20年以上のお付き合いな管理人です。

先日、発表されたWindows10ですが、 早速2台ほどアップグレードしてみました。1台は職場の検証機に その内容はこちらを参照して下さい。
シャープ「メビウスパッド」をWindows10へアップグレード‼︎設定・ファイルが引き継がれるのか?実際に検証してみました
そして、当ブログに何度か登場したパナソニック10年物のレッツノートです
まだ現役ですよ。凄いなぁ本当にサーバー機でも5年持たない物もあるのに、でもサーバーは24/365で動いてるから稼働時間が違いますね。
Windows10へのアップグレード方法は変わりません どちらもWindows8.1でしたので、参考までにこちらを
10年前のWindowsノートでCPUもメモリも最新と比べればひ弱ですし、ハードディスクも回転も読み書きも遅いんです。でもインストール出来ました。
インストール後、困った事がハードディスクの容量が「ない」アップインストール後、困った事がハードディスクの容量が「ない」アップグレード後空き容量が2.2GBしか無い。これではアプリをインストールできてもファイルが保存できない もしくはアップデートのゴミファイルだけで容量が無くなるよ。どうしよう

そんな私のような状況の方多いかもしれませんね。長年Windowsを利用していると知らぬ間にファイルが増えていきますよね。私も何に容量を使っているのか?わかりません
そんな時は思いきって過去のWindowsOSとファイル類をすべて削除しましょう。そうです。容量を簡単に増やすことは難しいのです。もちろんクラウドストレージを活用したり外付けHDDを利用する考えもいいです。しかしこの方法にはデメリット以外にもメリットがあります。それは不必要なファイルが少なくなればディスクのフラグメンテーション(断片化)が解消され特に時代遅れのマシンなら効果は大きいと思われます。

容量不足解消方法
Cドライブのプロパティから「ディスクのクリーンアップ」をクリックしてください。

しばらくするとディスクの不要ファイルが表示されます。Windows10はアップグレード後30日間ならいつでも以前のOSに戻すことができます。そのために以前のWindows環境やファイル・アプリなどをディスクに保存されているのです。この以前のWindows環境はディスクの容量を圧迫しているのは間違えありません。見てください私はメイン機として利用していないWindows8.1でも約33GBもの容量を消費しています。これは削除しましょう。チェックしてみると全体で約37GBの空きを確保できます。いざ実行!! 私は必要なファイルはクラウドにバックアップしています。皆さんもバックアップしてから実行してくださいね。

そして、削除が終わったCドライブはどうなったかというと

こうなりました。使用している領域は20GB未満となり空きが40GBもあります。カタログ値の総容量は64GBです

本当に簡単に容量を倍増させることに成功しました。皆さんもぜひお試しください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする