Windows10って俺らに関係あるの?無料アップグレードは申し込んだ方がいいの?何が新しいのか?

image 端的に言ってしまうと、Windows10はWindows 8.1の後継でWindowsOSの最新最終バージョン。そして今後Windows 10をベースにアップデートを繰り返す。2015年7月29日にリリース予定です。

Windows10のエディション

Windows10として一つになったのか?やはり利用する方や用途によって複数のエディションが用意されています。個人の方は恐らくはHome・Pro・Mobileあたりを利用することになるかと思います。 image

Windows10の種類判定

PC・タブレット・モバイルの種類を判定する基準はなんなのか?下記の図を見るとディスプレイサイズが8インチ以上がPC(タブレット)となり7インチ以下がモバイル(スマホ)となるようですね。 image

Windows10リリース予定と費用

既にマイクロソフトからリリースについては2015年7月29日とアナウンスされておりますが、それはPC向けのアップグレードのみで、新しいPCにWindows10が搭載され出荷されるのは未定。パッケージ版も未定と未知である。 image

で何が違うの(新しい)?

Windows10はこれまでデバイス毎にバージョンが異なりパソコンならWindows8.1 似たようなものでWindowsRT スマホならWindowsPhoneと各OSがあり、各OSで動くアプリもそれぞれでした。しかしWindows10では「Universal Windows Platform」という仕組みで作成されたアプリがデバイスに関係なく動作するので利便性が向上しパソコンで編集しスマホ(タブレット)でちょっとした手直しができる。 それ以外にも スタートメニューが復活する タブレットモード・デスクトップモードがある デバイス判定「Continuum(コンティニュアム)」が搭載される 音声アシスト「Cortana(コルタナ)」が搭載される チャームバーの廃止 アクションセンター(通知センター)搭載 アプリは「Universal Windows Platformアプリ」へ進化 ETC

音声アシスト「Cortana」とは?

Windows Phone 8.1で搭載されていた音声認識アシスト機能で音声で指示を行う事ができる。「いつ・誰に・メールで送信した・ファイルが見たい」などでファイルの候補リストが表示される(らしい)

デバイス判定「Continuum」とは?

Windows10ではタブレットPCなどでデバイス(キーボード・マウス)の接続状況をOS機能「Continuum」が自動的に判定し最適なモードを提案(デスクトップ・タブレットモード) そして、スマホがPCにトランスフォームするんです。

「Universal Windows Platformアプリ」とは?

デバイス別にアプリ(画面サイズ)が異なるのではなくアプリが異なったデバイスを認識、画面サイズやフォントを内部処理で調整し、携帯端末・タブレット・PC・タブレットPC等全てのデバイスで動作するユニバーサルプラットホームを基に設計されたアプリです。

新ブラウザが登場

「Microsoft Edge」というIEに代わる新しいブラウザが搭載される。とくに利用するだけなら問題はないけどWebサイトによっては表示が崩れたりすることがあったり処理が動かなかったりするかもしれない。その時はもう一つのブラウザ「IE11」で動かせばよい。Web屋さんは色々と手直しが必要になるので大変な反面、依頼が増えても儲かるかもしれない。 特徴は •新しいブラウザ(IEの後継ではない) •Universal Windows Platformアプリ(PC・タブレット・スマホで動作) •音声アシスト「Cortana」を統合(搭載) ※当初は日本語未対応かも・・ •Webサイトに手書き注釈が行える で、無料でアップグレードできますよとWindows8.1のタスクバーに通知が出ていますが、どうすればいいのか?とりあえずリリース後1年間はWindow7とWindows8.1のパソコン(個人)は無料でアップグレードできるので人柱となってくれる方々のレビューを待った方がいいかなぁ image

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする