今帰仁村の民謡居酒屋「ちゃんぷる」もアットホームな家族経営!!もてなしは超一流 夏休みVol3

古宇利島での夏休み2日目の今夜は「ペンション美ら橋」のお母さんオススメの居酒屋さんへ

翌日にお店の前を車の中から撮影。
三線の演奏や沖縄民謡が聞ける今帰仁村の民謡居酒屋「ちゃんぷるー」へ
テレビなどの取材も多く、ガイドブックにも必ず載るお店です。前評判はいいけど、どうなんでしょうね。と思いながら入店すると、どうでしょうか?

料理は美味しいの一言「もずくすの天ぷら」と「ジーマミー(ジーマーミ)豆腐」が抜群に美味しかったなぁ 写真は子供抱っこしながらだったので撮れていません。申し訳ございません。

こちらとかを参考にしてもらえればと思います
http://s.tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47006427/#rst-data-head

当日はオーナーのマコトさん(長男)の誕生日を祝うサプライズイベントもあり、シュートさん(次男)の三線と民謡を聞きながら、お客さんみんなでお祝いをしながら賑やかに夜がふけていきました。

ちなみにですが、翌日の午後に本部町のスーパーに行ったら昨日の舞台で太鼓やお囃子と絶妙なMCを披露してくれた女将さんが買い物してました。かなり地元感がたっぷりですね。
美ら橋のお母さんが言うには「お父さんが3年ぐらい前に亡くなって長男が経営を引き継ぎ次男が三線を演奏している」そうです。女将さんは2人の母です。
やはり沖縄は家族の絆が強いなぁと感じました
沖縄の夜は、早い時間は観光客が多く、午後10時を過ぎると地元の方がゾクゾクと来店するらしいです。午後7時頃なら空いてますが、お会計後の駐車場は満車状態で歩道まで溢れていました。11時過ぎですけどね。
本当に楽しい夜を過ごさせていただきました。
ありがとうね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする