スバル3列SUV「アセント」国内導入はあるのか?レクサスはRXの3列SUV「RX450hL」発表!ファミリー層も狙える3列SUVに注目です

スバルがロサンゼルス・オートショーで北米市場専用新型車「ASCENT(アセント)」を世界初公開です。

当ブログでも以前紹介しました。

スバル 3列フルサイズSUVを北米から発売!?日本市場への導入はいつ?価格は?北米で信頼される走破性と余裕のスペース もう敵なしでは?
スバル 3列フルサイズSUVを北米から発売!?日本市場への導入はいつ?価格は?北米で信頼される走破性と余裕のスペース もう敵なしでは?
ロサンゼルスで開催中のオートショーでスバルが参考出展したのが「Viziv-7」このクルマの注目はこれまでにないサイズ感です。スバル史上一番大...

発表内容からボディサイズは4998×1930×1819mm、ホイールベース2890 mmで言わずもがなスバル車で一番デカいサイズで、乗車定員は7人・8人乗りを用意し7人乗りは2列目がキャプテンシートになるので北米モデルらしいパッケージになってますね。

「アセント」のシャシーは現行インプレッサに採用されているスバル グローバル プラットフォーム(SGP)

日本はファミリーカーといえばスライドドアのミニバンが主流ですけど、ガラパゴス的であり世界的にみれば3列SUVがファミリーカーとして重宝されブームでもあるそうです。トヨタのレクサスブランドもRXに3列モデルの販売を開始しました。

プロトタイプの方が個人的には好きでしたけど市販のモデルとなると実用性や耐久性など考えなくてはいけませんもんね

気になっていた事はエンジン これだけ大きい車体と重量どうするのか?心配してましたが、新開発の2.4L 4気筒水平対向直噴ターボエンジンを搭載し、出力は260ps/5600rpm、376Nm/ 2000-4800rpm まぁ十分とは言えませんけど、ゆっくり流すような状況が多いのであれば十分じゃないですかね。

スバル=安全性

安全装備には十八番の「アイサイト」を標準装備して、フォレスターと同じX-MODEを搭載しているので悪路や雪道の走破性も良さそうです。

北米では2018年夏頃に販売開始されるそうですが、期待したいのは国内での販売です。車体の大きさから国内の販売は未知数ですけどマツダのCXー8は予約が好調であると聞くとスバルさんも頑張ってほしいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする