No1ミニバンこと「日産セレナ」のビックマイナーチェンジが他社に真っ向対抗しているなぁと思う件

トヨタのノア/ヴォクシーが約6年半ぶりのモデルチェンジが話題ですが、No1ミニバンとして日産のドル箱スターのセレナ
「ビッグマイナーチェンジ」大がかりな変更を実施されたので、詳細を見てみた。
関連記事:トヨタ 新型ノア/ヴォクシーの発売時期や価格・装備詳細を「まとめ」てみました。
関連記事:トヨタ・トヨペット店から発売される噂 ノア/ヴォクシーの兄弟車とは?
関連記事:ついに発表‼︎ ノア ヴォクシーのハイブリット 販売時期やデリバリーはいつ頃が得なのか
関連記事:購入時期? 新型オデッセイ・ノア・ヴォクシーなどハイブリッドミニバンを購入するなら 外装
フロントマスクのエクステリアデザインの変更
フロントグリル・二段になったヘッドランプ・エンジンフードやフェンダー・バンパーのデザインも変更されています
売れ筋の「ハイウェイスター」は、サイドシルプロテクター・アルミホイール・LEDリヤコンビネーションランプが変更されました。
そして、女性(奥様)支持を獲得するために「プレミアムディープコーラル」「ロゼブロンズ」という2色を追加、「ハイウェイスター」には「タイガーアイブラウン」が追加 内装
大きな変更はないものの「ハイウェイスター」の「ブラックインテリア」や「20G」の「フェザーグレーインテリア」が変更されシート素材も変更となった。注目は「ハイウェイスターG」のオプションとしてシートのカラー、素材、パネルが「プレミアムハイコントラストインテリア」という高級仕様が追加されている 装備
衝突回避支援の「エマージェンシーブレーキ」・車線逸脱警報の「LDW」を標準化しています
※「20S」を除き
そして、「MOD」という移動物検知機能が追加された「アラウンドビューモニター」・「踏み間違い衝突防止アシスト」・「ふらつき警報」をパッケージ化した「アドバンスセーフティ パッケージ」

個人的には外装含めたデザインの変更はインパクトがないけど、安全装備が追加されたことには興味があります。自分がどんなに注意していても事故は起きるものです。そして家族 子を持つ親としては運転をサポートしてくれる機能があればこの上ない でも気になるのは価格ですよね 代表的なグレードだと
2WD
「20S」が218万4000円
「ハイウェイスターG S-HYBRID(エマージェンシーブレーキ標準車)」が284万1300円
「ハイウェイスターG S-HYBRIDアドバンスドセーフティ パッケージ」が292万7400円。 4WD
「20S」の245万7000円
「20G アドバンスドセーフティ パッケージ」の301万8750円

ほぼ旧モデルと同じです 追加装備を考えると値下げと言ってもいいかもしれませんね。

また面白くなりました。トヨタのノア/ヴォクシーはクラス初のハイブリッド&2列目ロングスライド しかし日産セレナは安全装備が追加されています。またホンダのステップワゴンはいつハイブリットを搭載するのか?その前にオデッセイがハイブリッド化されるのかなぁ? ヴェルファイア/アルファードも次期モデルが・・・ これからも注視したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする