冬ボーナスで旧型MacBookAirを爆速にするトランセンド「JetDrive」を購入するか本気で迷っています

我が家にMacBookAirが届いたのは、ちょうど東日本大震災があった年2011年です。あれから3年(もうすぐ4年)という時間が経過した。前にもお伝えしましたがHDD(SSD)をケチった代償として容量不足でOS Xのアップデートができない。未だにOSはLionさんです。最新はOS X v10.10 Yosemiteとなる。
関連記事:
MacBookAirのBootCampにインストールされているWindows7を新しいMacに引越する方法を調べてみた | 単刀直入に申しますと
素人でも簡単!! 旧MacBookAirをカスタマイズ爆速化を格安で実現する方法 | 単刀直入に申しますと

上記の記事でもご紹介しましたが、トランセンドから発売されているMac本体のSSDを換装し容量アップできるキットを使うのが一番良いと思ったのです。
JetDrive™ 500/520/720/725-トランセンドのウェブサイトへようこそ
image
対応表を確認すると私が使っているMacBookAirは「Mid2011」の13インチ CPU:Core i5(1.6GHz) MEM:4GB SSD:128GBなので「JetDrive500」が対応しており240GB、480GB、960GBと選択肢も多い。
image
240GBでも現状の2倍の容量となるので、これでも容量不足となることは少ないだろう。そして価格ですが、Amazonの価格では240GBが21,800円とお手ごろ感がある。

悩むなぁ

例えは悪いのですが、分かりやすく言うとJZX系直6の2500cc→3000ccに換装するような物です(余計にわかりにくい)

事前に調べてみると純粋にMacとして使っているのであれば現行のSSDを換装用のSSDにコピーして中身を入れ替えれば簡単らしいけどBootcampでWindowsを入れている場合はこれが面倒でWindowsはWindowsとしてバックアップを取得する必要があるようです。これを実行するには、まとまった時間と度胸がいることに気が付いた。

今年の年末年始は超大型。このタイミングを逃すと 次はいつになるか わからない

というか MacBookAirは使用頻度が少なく この対処は必要なのか?という そもそも論がある しかし、このタイミングで実施しておき使用頻度が少ないなら買換えを検討してもいいのかもしれない。なぜなら我が家では、ほとんどのWeb閲覧はスマホからタブレットで十分に対応できる。サイトもパソコン以外に対応しなければ使えないサイトという認識されてしまうようなご時世だから

どうしよう・・・ まだ悩み中

あなたのご使用MACもこちらで換装できるかご確認ください
http://jp.transcend-info.com/apple/compatibility/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする