最新のビジネス手帳トレンドは? スケジュール管理 目標管理 定番 新しい物ま で紹介


スマホでスケジュール管理しているから手帳は要りませんと思う方もいると思いますが、私は手書きの手帳を毎年購入しています。 もちろんスケジュール管理にGoogleカレンダーを利用しパソコン スマホなどからスケジュールをチェックしています なぜ手書きの手帳を買うのか?どんなに便利なスマホもパソコンも外出先でバッテリーが無くなれば使えません そんな時に限って取引先から連絡あったりするわけです

手書きの手帳は開けばスケジュール確認 用件をメモすることができる優れもの 今年も残すところ1ヶ月ほどです名品 新商品 珍品?手帳を探してみました。
オーソドックスな手帳さん
▼海外ブランド
MOLESKINE(モレスキン)
19世紀後半から販売しているイタリアブランド。撥水加工の黒く硬い表紙と手帳を閉じるためのゴムバンドが特徴。

Filofax(ファイロファックス)
1921年に設立したイギリスの老舗ブランド。国際規格となるバイブルサイズの創始でもあります。

QUOVADIS(クオバディス)
世界60カ国で愛用されているフランスのブランド。見開き1週間のバーチカル型(縦の時間軸に合わせて、予定を書き込むタイプ)というフォーマットを世界に先駆けて考案したことで有名。正方形のデザインも特徴。

Time System(タイムシステム)
25年の歴史を持つデンマークのブランド。20%の生産性向上を実証しています。 タイムシステム デイリープラン・見開き1日2ページ(人工皮革バインダー&ディバイダーセット付) A5 Franklin Planner(フランクリン・プランナー)
全世界で2100万人が愛用するアメリカのブランド。独自のタイム・マネジメント・システムにより開発されたツール。

▼国内ブランド
ASHFORD(アシュフォード)
1985年より販売開始した国内ブランド。世界各国の一流タンナーによって仕上げられた革に定評あり。

レジオ・エデナ ミニ6穴【パープル】 1419-078 Bindex(バインデックス)
1987年に販売を開始した国内ブランド。350種類以上の豊富なリフィール有り。

Bindex システム手帳 ベリスブラック A5 (レッドステッチ) AA86-1
Davinci(ダ・ヴィンチ)
創業明治23年の老舗文具メーカー「レイメイ藤井」のシステム手帳ブランド。納得の素材・機能・価格を追求した手帳。

今回一番気になったのは、この手帳です(http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/feature/jibun_techo/

ジブン手帳とは?
大手広告代理店のクリエーターである佐久間英彰氏が2010年に「ジブン手帳2011」を初めて製品化し、ネットを中心に話題に。1冊に見えて、両側に2冊差し込まれた3冊スタイルのこの手帳。1年だけでなく、ライフログのための便利で楽しい機能を随所に盛り込みつつ、シンプルかつ美しくデザインされています。特に24時間バーチカルは必見。日の出と日の入りをグラフィカルに時間軸に表現。毎日めくるだけで季節を感じる事のできる楽しい手帳です。他のページもすべてゼロから作り上げた渾身のオリジナル手帳。こんな手帳はどこにもありません!ぜひ手帳に書く楽しみを味わってください。

コクヨ ジブン手帳 ファーストキット スタンダードカバー 2013年11月始まり ウィークリー&マンスリー ニ-JF1YR-14
こちらもおすすめ:3色ボールペンにスタイラス機能を手軽にプラスできるアイテム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする