ドコモ ケータイ補償お届けサービスをご存知でしょうか?携帯電話を交換してみました

私は15年超のドコモユーザーである 初めて手にした携帯は緑と赤(オレンジ)の2色液晶でアンテナがロッド(伸びるやつ) 電話とショットメッセージ(メール)が主な連絡手段でした。
あれから日進月歩で携帯電話は進化し、i-mode→Web→アプリと主流が変わっている。

私は、2007年9月発売のP905iを5年以上愛用しておりました。 これです。
通常時
発売当時50,000円位で、携帯ショップと言われる代理店への報奨金が見直され端末価格が異常に高くなり、端末の分割販売が開始された時期もありました。懐かしいなぁ新宿ヨドバシで購入しました。

長く使った分、塗装は剥げ 液晶には細かい傷 そして原因不明の誤作動など最近色々と問題を抱えておりましたが、スマホ(iPhone)との併用のため不便を感じることは少なかった。

ここからが本題です ケータイ補償お届けサービスをご存知でしょうか?
私、契約してました。5年以上毎月300円を払い込んでおりました。300×12×5=約18,000円結構払い込んでいるなぁと、ドコモに最近の状況を伝えてケータイ補償お届けサービスで携帯を交換してくれるか確認してみました。 結果から申しますと、交換してくれました。
ドコモとのやり取りをまとめました。

1stコール
私「携帯が色々と不具合がある(電源が突然切れる等)ので交換してもらえないか?」
ドコモ「かしこまりました。お使いの機種は在庫ありませんので、代替品へ交換となります」
私「代替品? それはどんな機種ですか?」
ドコモ「同等機能を有する代替機種候補の中から機種をお選びください」
ドコモ「候補は、P02B F04B F06B F07Bになります ご検討後、再度ご連絡ください」

ほぉ~ すんなり交換対応してくれるのね ありがたい。 候補の携帯をネットで検索
P-02B
P-02B スライド携帯 まぁ ないぁ~ 分厚いし しかも色はピンク

世界初(2009年11月10日現在、富士通株式会社調べ) セパレートスタイル×1220万画素カメラ搭載ハイスペックケータイ docomo PRIME series F-04B 新色登場
F-04B セパレートスタイル???? あったなぁ こんな機種 でもいらない

フルハイビジョンムービー対応1320万画素カメラ搭載 ハイスペック防水(IPX5・IPX7・IPX8)×スライドヨコモーション docomo PRIME series F-06B 注:画面はムービー撮影時。フルHD(1920×1080)サイズです。
F-06B 今度はヨコモーション 横にスライドしてもメリットが・・・・ いりませんよ

ワンプッシュ×スリムになったヨコモーション docomo STYLE series F-07B
F-07B おーー いいじゃん ワンプッシュオープン これも ヨコモーション これかなぁ?

なんか 変な機種ばかり 紹介してくるよドコモ 2rdコール
私「候補の機種以外でワンセグ見れなくてもいいから もう一度候補くれないか?」
ドコモ「かしこまりました。それではF-01Cをご検討ください」
私「候補の機種が発売された時期の携帯をこちらから指定してはだめ?」
ドコモ「確認いたします」・・・・・・「申し訳ございません ご対応しかねます」

【激速タッチパネル搭載 ハイスペックスリム防水ケータイ】 docomo PRIME series F-01C
F01-C かなりいい機種だぁ 防水だし、ワンセグ・おサイフ wifi接続 ハイスペック過ぎ

結局は、F-01Cに決まりました

午後からの問い合わせしかも土曜日なのに日曜日午前中に配送されてきました。早いなぁドコモこのスピード感を大事にしたほうがいい さっそく最寄のドコモショップでDCOPYをして連絡先やらメールやら写真やらを新しいF-01CへコピーしてSIMカードを差し替えました。

無償交換ではありません 税別5,000円かかりますが、ポイントも使えるのでポイント使えば実質0円で比較的新しい機種に交換できました。 

DCMX(iD)やnanacoの機種変更手順を別記事に 参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする