トヨタ次期「ヴェルファイア/アルファード」の噂。安全装置としてバックカメラに移動物検知機能が搭載される。

今冬(2014年12月)に販売が開始されるらしいトヨタ次期「ヴェルファイア/アルファード」ですが、新たな機能として「バックカメラ移動物検知機能」が搭載されると噂がありました。ではどんな機能なのかネットで検索してみると、「接近物確認サポートシステム」というシステム概要書がヒットしました。

富士通テンの「接近物確認サポートシステム」がそれではないかと思います。
image
既に、新型ハリアーには搭載されています。詳しくこちらへtoyota.jp ハリアー | 安全性能 | 予防安全
image
この機能は、フルサイズミニバンにとっては死角が多い欠点を補ってくれそうですね。

そんなトヨタ次期「ヴェルファイア/アルファード」は2014年12月に販売予定と噂ですが、これまでの情報からエンジンに関しては
・2.5Lガソリンエンジン
・2.5Lガソリンエンジン+HV
・3.5Lガソリンエンジン

内装では、1列目シートと2列目シートのレールが共有化され、助手席が2列位置までスライドするなど楽しみな機能もトヨタのドル箱ミニバン。今後も噂をキャッチしたらアップしたいと思います。

関連記事:
トヨタ 新型アルファード&ヴェルファイア 販売時期は?年内登場の噂も ベストグレードは?ハイブリッドは?価格は? | 単刀直入に申しますと
次期アルファード ヴェルファイア 新規導入される極上シートとハイブリッド燃費が気になります | 単刀直入に申しますと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする