転職回数が多い自分が優良企業に就職(転職)できた転職支援サービスを紹介します

自分は新卒で就職してから15年間で4回転職しました。自分で言うのも何ですが、多い方だと思います。すいません~

そんな自分が転職活動で頼りになったサービスを紹介します これからキャリアを志す方も 、とにかく転職したい方にも有益になればと思います ちなみに自分が転職した年齢は25歳 28歳 31歳 34歳です 特に34歳が参考になるかと
結果的に良くなかった活動について
自分の主な転職活動は転職サイトで求人を探す事でした。求人は毎週火曜日〜木曜日ぐらいに新着が登録されることが多く、会社に勤めながら通勤時間や休憩時間に求人を検索してました。検索自体は希望条件を設定していたので通知メールが届き携帯やスマホからアクセスして詳細を確認するのが主でした。もちろん優良企業も掲載されますが自分は専門学校が最終学歴なので「大卒」という選考条件に合致しないことが多かったです 基本的には学歴不問です
リクナビ マイナビ en @typeなど有名な転職サイトを総ナメな感じですが自分の場合はシステム運用 社内SEに絞って検索してました。 結果的に求人サイトは情報を公開しクライアント(募集企業)にどれだけのアクセスと応募があったが重要で求人の質は関係ないのです、キャッチコピーというか企業イメージを良くすることが記載されているだけで中身が無いのがほとんどでしたそれぞれの転職時に利用したサイトと特徴などを

25歳
リクナビNEXT→最大手であり求人数も多い が転職者のサポートは皆無と言っていい 結果的にはブラック企業だった 求人内容はまったくのデタラメ まぁブラックなので求人票にイメージが悪いことは書かないと思うけど 自分も若かったです28歳
en-Japan→リクナビよりも自分向きの求人が多く、社内SE特集をしていたこともあり求人に応募しました。こちらの企業の場合は結果的に自主退職しましたが求人内容に偽りはなくきちんとした取材をしているように思えました。しかし企業がグレーゾーンで警察や金融庁・公正取引など問い合わせを受けたくないところから連絡がある企業でした。

31歳
マイナビ→結婚という節目もあり、もう転職活動はしたくないし年齢的にも最後では思っていたが不景気ということで求人数が少ない やはり年齢的なこともあり応募していても1次選考で落ちることが多い 半年以上も転職活動して疲れていた。転職先は当時2部上場(現在1部)ということで福利厚生などは充実していたが、仕事内容がサーバー機器を担いで設置・設定・説明と自分の経験上慣れない作業で苦労した。最終的には社内事情(誰も助けてくれない)で転職を決めました。

33歳
リクルートエージェント→こちらは転職支援サービスというジャンルでは最大手で求人数・転職支援数も多い 自分はインターネットからの登録後にエージェントさん(担当者)とは電話連絡のみで直接会っていない 普通なら面談を行い求職者の素行などを見るが自分の場合は激務だったこともあり面談が難しかった。そんな状況を汲み取ってくれた担当者の方は電話で自分の経験や希望を長時間(1時間以上)聞き取りをしてくれた とても感謝している 転職後に挨拶に伺いたいと思うほどである
結果的に現在勤務している会社への転職支援をしてくれました。本当にビックリするぐらいホワイト企業で逆に融通が利かないと思ってしまうほどですが、年収ベースでは賃金は下がりましたが以前までの勤務は残業を含めての額でしたのでトータルで考えると拘束時間を代償に年収が増えるよりも余暇の時間が増えたほうが良いと考えてます。9時~5時の勤務がほとんどで帰宅後にゆっくりと食事ができるし子供と触れ合う時間も多くなりました。業務もストレスをほとんど感じないです(今のところ)


まとめ
やはり結果的には「リクルートエージェント」が良かったと言ってしますのですが、他の転職サイトとは違い求人が非公開求人から提案されるのですが、ビックリするような企業や団体が多かった。公共団体もありました こちらの状況を把握した上提案してくれる姿勢が評価できる 自分自信を冷静に評価すると「無免許のITエンジニア」です そんな自分の経験や職歴を転職先に上手に伝えてくれる。内定後もきちんとしたフォローをしてくれるのです

ただ、転職サイトが悪いわけではありません 自分の場合はリクルートエージェントだったということだけです なかなか求人を検索する時間もなく年齢も30代 転職回数が多い こんな条件ならお勧めできるのは「リクルートエージェント」だと思います

人それぞれではありますが、転職活動はタイミングがあります 求人数が多くなるのは半期単位です ぜひタイミングを逃さないように計画的に活動してください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする